Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2016.11.29号(11/22発売)

特集:怒れる韓国

2016年11月29日号(11/22発売)

Cover Story

「打倒・朴槿恵」だけで団結する怒れる国民と分裂の野党。それでもポスト朴の韓国像は見えてこない

韓国政治 「怒れる韓国」の危うい未来
分析 不祥事多発の元凶は「コネ社会」
対外関係 韓国外交は悪夢の15カ月へ
視点 独裁への郷愁を韓国が捨て去れば

ISIS後のイラクを待つ脅威

中東 残虐集団なき後の「空白」にうごめく近隣国の思惑とアメリカの指導力
過激派 「最後の1人になっても死ぬまで抵抗せよ」
【PERISCOPE】
InternationaList
FRANCE 「仏版トランプ」誕生もあるかもしれない
ITALY トランプの威を借るイタリア野党
BRITAIN 戦略さえ描けずブレグジットは混乱中
GERMANY 次にプーチンが選挙介入を狙うのは
ISRAEL モスクを狙い撃つイスラエルの騒音規制
UNITED STATES スローガンを超えた「トランプ外交」
CHINA 南モンゴルの民主化団体が東京で結集した訳
GERMANY 最後の外国訪問でオバマは何を思ったか
U.S. Affairs
日系人収容所を前例にムスリム迫害?
軍備増強で米財政が大幅赤字に
Media
紋切り型の解説が支配する日本のトランプ報道
People
ヨハンソンの日本人ヒロインに「白人化」批判、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
欧州 「ドイツによる平和」の時代へ
東南アジア 悪名高き軍がミャンマーで復活
テロ 欧州に潜む女聖戦士の脅威
トルコ エルドアンの国土回復の夢
麻薬 中国産の危険ドラッグは超絶デンジャラス
スペイン 親愛なる北朝鮮の大使を名乗る男
医療 感染症と戦う最終兵器は…牛?
【LIFE/STYLE】
Movies 帰って来たハリポタの魔法の世界
Movies 『母の残像』監督が語る作品PRの悩み
Art ロンドンに凱旋した色の魔術師
Pets 愛犬とのキスは危険がいっぱい
Sports 女性ランナーを苦しめるセクハラ文化 【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 中国人女子留学生が殺された訳
Picture Power コロンビアについに訪れた52年目の和平

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 3

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 6

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 9

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 10

    大量のシラミがわいた9歳少女は貧血で亡くなった....…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と王室記者...メーガン妃は反対か

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 8

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 9

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 …

  • 10

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中