Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2016.12. 6号(11/29発売)

特集:トランプ時代の国際情勢

2016年12月 6日号(11/29発売)

Cover Story

トランプ次期米大統領が導く「新秩序」は世界を新たな繁栄に導くのか、混乱に陥れるのか

外交 トランプ時代の世界を読み解く
対米関係 アジア各国が探るトランプの本心
日ロ関係 ぶれないプーチンと右往左往する安倍外交
中国 トランプのエゴで習近平が得をする
ヨーロッパ 笑いが止まらないEUの極右政党
中東外交 孤立主義を捨てて協力へ舵を切れ
経済政策 トランポノミクスがはらむ危うさ
【PERISCOPE】
InternationaList
CUBA カストロと共に革命の時代は去りぬ
UNITED STATES 「デマニュース」の出元はロシア?
IRAQ ISISがモスルで化学兵器使用か
VIETNAM 日本からの原発輸出が白紙に
BRAZIL 元大統領の汚職裁判と経済指標の関係は
CHINA 大事故に中国人はもはや無関心
EUROPEAN UNION 「地味系保守」が最後の希望に
CHINA 国際機関を囲い込む中国の思惑
INDIA 高額紙幣廃止でインドの大混乱は続く
InternationaList
PHILIPPINES 独裁者を英雄と認めた「庶民派」大統領
U.S. Affairs
「ノールール」トランプ政権の非道
各国外交官様、ご宿泊はトランプ・ホテルへ
People
エリザベス女王に「宮殿改修は自費で」、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
フランス 「仏版トランプ」当選を防げ
東アジア 台湾を悩ます「外患」と「内憂」
難民 「アフガンの少女」強制帰国の裏事情
裁判 オンライン売春は悪か自由か
ネパール 被災地に巣くう人身売買ビジネス
科学 「奇跡の牛」の謎を解き明かす
ビジネス Airbnbを締め上げるNY新法
サイエンス 414本足のヤスデは運動神経抜群
【LIFE/STYLE】
Sports F1界の重鎮が語る勝利の哲学
Movies 音痴な歌姫の夢『マダム・フローレンス!』
Movies 薄味になったブレア・ウィッチの恐怖
Music ありのままの自分の姿を愛したい
Fitness 筋トレも効果倍増「筋肉時間」の秘密
Health つらいおなかの悩みを救う食事療法
Products 愛する人(と遺骨)に見守られて
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 知っておくべき感謝祭の裏側
Picture Power ファッションに搾取される労働者

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

※次号は10/23(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    水深3200メートル、クジラの死骸に群がる深海魚、撮影される

  • 2

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 3

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 4

    「白馬にまたがる金正恩」写真に潜む目的と予告

  • 5

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 6

    ウィリアム王子とキャサリン妃がパキスタン訪問、「…

  • 7

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 8

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 9

    「見せしめ判決」でカタルーニャの怒り再燃、バルセ…

  • 10

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 3

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 4

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 7

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

  • 8

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 9

    性的人身売買から救われた少女が自殺 犯人の男と家…

  • 10

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 3

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 10

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!