Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2016.10. 4号(9/27発売)

特集:進化する中国軍

2016年10月 4日号(9/27発売)

Cover Story

高学歴人材、最新鋭兵器、洗練された組織......。かつてのイメージを覆す人民解放軍の知られざる変貌

中国 進化する中国軍、その知られざる実力
人材 熱烈歓迎、エリート学生様
軍再編 大改革で生まれた指揮部隊の実力
海洋戦略 東シナ海をのみ込む「海上民兵」
ミサイル 米アジア戦略の要、グアムが標的に
空軍 謎の長距離爆撃機、その正体はステルス型?
海軍 秘密主義で建造が進む中国初の国産空母
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 警官の黒人射殺は根絶されるか
SOUTH KOREA 北の核実験にキレた韓国の次の手段
SYRIA 米政権はトルコを捨てISIS打倒を優先
PHILIPPINES フィリピン大統領は少年にも容赦なし
TAIWAN 台湾まで南シナ海に軍事施設を建設か
SOUTH KOREA 韓国で日本の防災グッズが人気
BRAZIL ブラジル元大統領起訴の怪しい動機
IRAN オバマが期待したイランの穏健化は幻想だ
INDIA 中印国境がアジアの火薬庫になる日
ISRAEL 入植拡大で加速するパレスチナ人との衝突
Asia
JAPAN 過去に学ばない民進党の致命的欠陥
U.S. Affairs
トランプが引き裂く? 夫婦の絆
米軍将校のイチ押しはなぜか第3の候補者
People
ブラピ&アンジー離婚で吹き荒れる臆測の嵐
【FEATURES & ANALYSIS】
主張 裏目に出るオバマのシリア戦略
自動車 テスラが繰り出す強気の安全対策
ドラッグ タイは麻薬合法化を目指す?
フランス パリで始まった「車のない町」への挑戦
教育 おぼっちゃま受験生、超豪華な大学訪問
性犯罪 女性1人の夜間搭乗は危険がいっぱい
技術 食べられる電池が医療を変える
【LIFE/STYLE】
Work 生産性向上テクで私の人生は変わる?
Work 妻の稼ぎがよければ夫も妻もハッピーに
Entertainment ヒラリー体調不良でそっくりさん繁盛
Movies 『高慢と偏見』になぜかゾンビが乱入
Movies 愛国映画を超えた『ハドソン川の奇跡』
Art 美術品収集家ボウイの意外な素顔
【DEPARTMENTS】
Picture Power 25年を経て「故郷」となった難民キャンプ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 5
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 9
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 10
    酔った勢いで彫った「顔のタトゥーは似合わない」...…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 4
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 9
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 10
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中