Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2016.8. 9号(8/ 2発売)

特集:女性と国際情勢

2016年8月 9日号(8/ 2発売)

Cover Story

国家や国際組織で続く女性リーダーの誕生は政治や戦争、経済の未来をどう変えるのか

指導者 これからの世界は女が仕切る
■マップ 政治と経済を変える世界の女性リーダーたち
視点 女性比率25%が政治と経済を変える
アメリカ 「女性初」ヒラリー、高揚感なき歴史的瞬間

トルコとロシアの新たな蜜月

地政学 クーデターの危機からエルドアンを救ったのはプーチン?
【PERISCOPE】
InternationaList
SYRIA 反体制派の拠点アレッポに迫る人道危機
UNITED STATES 米大統領選にロシアが介入か
GERMANY テロ続発でもブレないメルケル
NORWAY ノルウェーがフィンランドに山を贈る?
TERROR それでもISISに油断できない訳
UNITED STATES 自称「救世主」がアメリカを破壊する
SOUTH KOREA 慰安婦最終解決、波乱の船出
Asia
JAPAN 「ヘリマネ」は日本を救うか
ASEAN 中国に対抗する道はASEAN共同戦線
U.S. Affairs
外交政策の攻守交代が米大統領選で起きた
Business
ポケモンGO成功の意味は
中国は不動産バブル?
自動運転を引っ張るテスラに暗雲が
輝ける星ヤフーの落日
【FEATURES & ANALYSIS】
欧州 ドイツ「最強」神話の崩壊
米大統領選 それでもトランプに勝機がある理由
内幕 トランプにちらつくロシア・コネクション
ISIS 中国を捨てていざ 「イスラム国」へ
スポーツ 世界最速水着の開発レースが白熱
ドイツ 難民の味方はハッカー集団
動物 ヤギの目は犬ほどにものをいい
【LIFE/STYLE】
Movies ゴースト退治はアタシにお任せ
Movies とにかく娯楽性を追うファブロー流映画論
Food 次に来そうなスーパーフード?
Food この夏は英国産スパークリングワインを
Food 運動とアルコールの親密すぎる関係
Travel モロッコの喧騒と極上オアシス
Books 難民の姿を伝える絵本のチカラ
【DEPARTMENTS】
Picture Power 美しい壁の向こうにあるリオの現実

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育ではなく「心を育てる」ことです

  • 2

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 3

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い理由

  • 4

    人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

  • 5

    放射線治療中、目が発光している様子がはじめて撮影…

  • 6

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 7

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 8

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 9

    バグダディを追い詰めた IS被害女性ケーラ・ミュラー…

  • 10

    「ダメ、ダメ」言い過ぎる母親を生む日本社会で、自…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 5

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 8

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 9

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 10

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!