Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2016.4. 5号(3/29発売)

特集:欧州テロの時代

2016年4月 5日号(3/29発売)

Cover Story

統合の夢から覚めたヨーロッパを待ち受けていたのは 自国が対テロ戦争の最前線になるという悪夢だった

ヨーロッパ 「戦場」と化した欧州の現実
政治 過激派のアジトと化すベルギー
失態 ベルギー当局のお粗末すぎた対策
若者 新世代テロリストの生態
分析 テロの成功で墓穴を掘るISIS

テロ続発が脅かすトルコ経済

新興国 高成長から一転、治安と政治的安定への懸念が投資家を遠ざける
【PERISCOPE】
InternationaList
CUBA オバマ訪問で「敵」を失うキューバの焦り
INDONESIA 南シナ海で暴れる中国船に我慢も限界
YEMEN 内戦イエメンが輸入減で飢餓寸前に
TURKEY シリア難民の「特別待遇」に非難が
BRITAIN 英極右がベルギーのテロを利用
BRAZIL 政情不安でも感染症でも五輪は大丈夫
CHINA 中国を抑止できない核サミット
BOSNIA AND HERZEGOVINA 癒えない虐殺の傷痕
Asia
INDIA 女性担当閣僚がレイプ容認?
CHINA 中国に届かないザッカーバーグの片想い
U.S. Affairs
テロはトランプ株を上げるか
トランプvsクルーズ、妻への中傷合戦
Business
解除で終わらないiPhoneロック解除問題
Media
ホーガンの雄たけびが最高裁にこだまする?
【FEATURES & ANALYSIS】
反体制派 ロンドン発、反プーチンの狼煙
ロシア シリア撤退は割に合うギャンブル?
中国社会 裁判官を死に追いやる「法の支配」
中東 難民に苦痛を強いるレバノンの本音
シエラレオネ 安らかに眠れないエボラ熱犠牲者
先端医療 「免疫ハッキング」で癌を治せ
未来 遺伝子解析と医療データが合体したら
医療 ビッグデータで癌に勝つ
環境 どんな水も浄化するサボテンの応用力
【LIFE/STYLE】
Food 美食のトップスターは世界巡業する
Fashion レッドカーペットに「本物」の着物を
Movies 怒りのデス・ロードに本物の怒りが集中
Movies 切なくも淫らな愛の物語『LOVE 3D』
Technology 廃棄物を使った「トマト発電」
Technology ネット活用の意外で残念な実態

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    ロシアの毒殺未遂にメルケルが強気を貫けない理由

  • 2

    中国とのライバル関係を深刻に扱うべきでない理由

  • 3

    過去6600万年の地球の気候の変遷が初めてまとめられる

  • 4

    ネットフリックス配信映画『キューティーズ!』がま…

  • 5

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 6

    ツイッター、トランプの投稿にイエローカード バイデ…

  • 7

    ファイザーの新型コロナワクチン後期試験、被験者に…

  • 8

    トランプお墨付きの「Qアノン」が笑い事では済まされ…

  • 9

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 10

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 1

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 2

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 3

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 4

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベ…

  • 5

    【動画】海辺を歩く2頭のライオンに視聴950万回

  • 6

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 7

    仏シトロエン、14歳から免許不要で乗れる2人乗りEV「…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 10

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 1

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 2

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 3

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 4

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 5

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 6

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    中国はなぜ尖閣での漁を禁止したのか

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!