Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2015.8. 4号(7/28発売)

特集:健康寿命の先端科学

2015年8月 4日号(7/28発売)

Cover Story

巨額の資金を投じてシリコンバレーで進む不老不死研究
だが永遠に生き続けることは本当に幸せなのか

科学 永遠の命を目指して進む最先端技術
■技術 パーツ交換で延命、脳の中身も移植?
研究 最新研究が明かす長寿と健康のメカニズム
悲観論 スーパー長寿化時代は怖くない

これ以上ドイツの身勝手を許すな

欧州 そもそもギリシャ危機の原因をつくり、深刻化させたのはドイツだ
国策 「醜いドイツ」が戻ってきた
【PERISCOPE】
InternationaList
ENVIRONMENT 投資家を直撃する温暖化リスク
TURKEY 打倒ISISへ動くトルコ
GERMANY 難民襲撃をあおるドイツの不寛容
FRANCE シャルリ・エブド、「風刺画やめます」
IRAN 死刑大国イラン、1日3人以上を処刑
RUSSIA イラン核合意を支えた思惑
UKRAINE 撃墜事件でロシアを揺さぶる法廷戦術
UNITED STATES 暴言「トランプ旋風」の限界
FRANCE ツールを彩る陽気な観衆の祭典
MONGOLIA チンギス・ハン陵の数奇な運命
Asia
PHILIPPINES 対中国、領有権争いの切り札は
CHINA 中国がついに「二人っ子政策」へ
TAIWAN 中国軍の演習目標は台湾総統府?
U.S. Affairs
黒人「自殺」で警察不信が再燃
LGBTが次に直面する差別禁止のハードル
Business
世界が驚いた買収劇でFTと日経はどう変わる?
不倫サイトがハッキング!
ルフトハンザ機とドローンがあわや衝突
【FEATURES & ANALYSIS】
難民問題 ギリシャを襲う新たな危機
日本 東芝「不適切会計」は粉飾決算?
アメリカ 核合意の命運は親イスラエル派が握る
ネット MH17便ロシア撃墜説を暴露する男
金融市場 世界の株価はホルモンが決める
フード 世界一の肉屋の脱常識人生
【LIFE/STYLE】
Technology 老化スーツで体感する老いの真実
Technology あなたを元気にする家電
Movies ゴールキーパーから民主化の戦士へ
Movies 太陽と音楽と悲しみの『ラブ&マーシー』
Work 母乳デリバリーで働くママを応援
Products ばい菌とは無縁のトイレ掃除の時代へ
Trends 夜よりハジける健康「朝活」パーティー

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」のリアル

  • 3

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 4

    原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

  • 5

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 6

    脱北者、北に逃げる。物語で描かれないその素顔

  • 7

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    「消費減税に安倍首相も関心、税率ゼロ%の方が対応容…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!