Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2014.4.29号(4/22発売)

特集:ロボットと人間の未来

2014年4月29日号(4/22発売)

Cover Story

家庭、職場、災害対応加速するロボット開発
ヒューマノイド時代の到来で人間の暮らしはこう変わる

テクノロジー ロボット革命が切り開く人類の未来

■歴史 ロボット開発の4世紀の軌跡

課題 避けて通れないリスクと責任

Q&A 「ターミネーター」を禁止せよ

軍事 兵士とマシンの奇妙な愛情

日米 鉄腕アトムをあきらめないで

■比較 こんなに違った日米のロボット観

PERISCOPE
InternationaList
UKRAINE それでもくすぶる親ロシア派の不満
SOUTH KOREA フェリー事故はなぜ「恥」なのか
NIGERIA テロを生むナイジェリアの強硬策
CUBA キューバ外資誘致に失敗の予感が
IRAN ウクライナ危機で得をするのはイラン
SPACE 500光年先にある地球に似た惑星
AGRICULTURE バナナに迫る甘くない現実
ITALY 「老人施設で奉仕」の刑罰ににんまり?
THE UNITED STATES 
    文句があるなら靴を投げろ!
RUSSIA プーチンが目指すアジア基軸戦略
Asia
CHINA 「習近平の特使」は関係改善の兆しか
INDIA トランスジェンダーがインド第3の性に
Business
中国の中央銀行が発した改革のメッセージ
スイスで世界最高の最低賃金?
ハートブリード危機に学ぶネットの自己防衛術
FEATURES
ヨーロッパ ウクライナ危機はまだ続く
指導者 「プーチン劇場」が隠す苦しい現実
外交 米中の仲介役はカナダが適任?
環境 環境破壊国家へ、豪州の転身
インタビュー 「イラクの安定はシリア次第」
CULTURE
Travel 世界一を体験できる究極の僻地へ
Games 中毒者続出の「2048」って?
Movies いち押しコメディー『ワールズ・エンド』
Movies 「スパイダーマンは国も人種も超える」

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元戦闘員と悪夢の再会

  • 3

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 10

    オーストラリアは忘れまい、しかし許そう

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 6

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 7

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 8

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 9

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 10

    ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 3

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 7

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!