注目のキーワード

コラム

ブレア元英首相のナイト爵位に100万人超が剥奪要求する理由

2022年01月13日(木)13時45分
ブレア元首相

イギリスの首相経験者は大抵嫌われるが、ブレアの嫌われようは際立っている(2021年6月6日) HENRY NICHOLLS-REUTERS

<ブレア元首相がナイトの爵位を受勲したことに、イギリス人の怒りが爆発。少なからぬ実績のある首相経験者なのにここまで嫌われているのは、イラク戦争の誤りだけでなく、その人格に「だまされた」感が強いから>

数年前、あるコメディアンがすごく笑えるネタをやっていた。道行く人を呼び止め、トニー・ブレア元英首相を聖人に、との請願書に署名してもらおうというのだ。このジョークがおもしろかったのは、単にブレアに宗教的地位を与えるのがばかばかしいというだけでなく、呼び止められた人々がそのばかばかしさに思わず身悶えする様子を隠しカメラで映していたからだ。

そして今、僕たちはあの時とは真逆の立場に置かれている。百万以上の人々が、新年の叙勲で授与されたブレアのナイトの爵位を剥奪せよ、との請願に署名しているのだ。どうやらこの請願は成功しそうにない。首相経験者たちは常々、こうした形で栄誉を授けられてきた。もしもブレアがトランプ米大統領さながらに憲法を破壊し、権力にしがみついていたのなら、話は違っていただろう。でも、イギリスでは大半の歴代の元首相たちがかなりの恨みを買っているだけに、単にとても不人気だった元首相というだけでは、ナイトの爵位は止められないだろう。

それでもブレアは他の首相経験者たちよりもっと不人気で、それにはイギリス国外であまり理解されていない理由がいくつもある。まずは、イラク戦争だ。彼はタカ派的だった米政権に奴隷のように追従し、イギリスの主権を売り払った。サダム・フセイン政権の脅威についてイギリス国民をミスリードした(「怪しげな調査報告書」で大量破壊兵器の存在を主張した)。これで多くのイギリス人兵士が犠牲になり、今日まで続くイラクの泥沼化をもたらした。

だが何より軽蔑されている点は、ブレアがその人となりで僕たちをだましたことにもあると思う。彼が首相に選出された1997年には、これは新たな夜明けに違いない、彼は根っからの真っ当な人間だ、と人々は過剰な期待を抱いた。彼は思いやりある人物に見えた。実は他の多くの政治家たちと同じくらい嘘をつき、悪巧みをする人物だ、という本性が見えるまでには、長い時間がかかった。

ブレアはそれを巧妙に隠していた。ブレアほど「芝居がかって」できる人は誰もいない。彼は謝罪の際、つらそうに唇をかみしめた。明らかに真実でないことを語るとき、いかにも真摯な感じで話した。追い詰められたときには自らを「誠実な男だ」と弁明し、間違いを犯してしまったとしても不正というよりはうっかりミスだったのだと多くの人々に信じ込ませた。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

印マルチ・スズキ、純ガソリン車を7─10年で廃止へ

ワールド

インド石油会社への臨時課税、原油40ドル下落なら撤

ビジネス

仏タレス、豪州軍への物資提供でエクスパルと提携

ワールド

豪求人広告、6月は08年以来の高水準 利上げでも前

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を堂々と話すのが上達への近道だ

  • 4

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 5

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 6

    スリランカ、ガソリンほぼ尽きる 給油所に人の波...…

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 9

    右足のない人骨は古代中国「五刑」の犠牲者だった...…

  • 10

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 9

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 10

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中