コラム

星占いの源流は中東にある、ラッキーアイテムなどなかった

2019年01月24日(木)19時50分

日本でも「ペルシャン占星術」だとか「サビアン占星術」だとかみたいに、何となく中東っぽい占星術が人気なようなので、占星術と中東が密接につながっているのは察せられるだろう(サビアンがほんとに中東っぽいかどうかわからないが、音だけで判断すると、アッバース朝時代に活躍した占星術に長けたサービア教徒に由来するのだろう、きっと)。

アブー・マァシャル以外だとたとえば、万能の天才イブン・シーナー(アビセンナ)と並び称されるビールーニーもそうだ。彼の占星術師としての名声はいろんなところで語られている。個人的に一番好きなのは、アフガニスタンのガズナ朝スルターンのマフムードとの逸話だ。

ある日、マフムードは宮殿の庭園にある4つの扉のついた亭の屋上で、その4つの扉のうち自分がどこから出るか当ててみよとビールーニーの占星術の腕前を試したのである。そこで、ビールーニーはアストロラーベ(中世に用いられた天体観測用の機具)を使って星を読み、その結果を紙片に書いて座布団の下に隠した。

すると、マフムードは人夫を呼び東側の壁に穴をあけさせ、そこから出ていったのだ。戻ってきたスルターンが、ビールーニーが座布団の下に隠した紙片をもってこさせると、そこには「スルターンは4つの扉のどこからも出ず、東側の壁に穴をあけて、そこから出る」と書いてあった。

これを読んで激怒したスルターンは家来に命じてビールーニーを亭の外に投げ落とさせたが、下にテラスがあり、そこに引っかかったため、ビールーニーはケガもなく助かった。スルターンはビールーニーに「いくらおまえでもここまでは見通せまい」というと、ビールーニーはやおら「今日の予報」を取り出した。そこにはなんと「高いところから投げ落とされるが、無事であった」と書かれていた(ニザーミー『四つの講話』より)。

今から千年もまえにこれだけの精度で未来を的中させられたんだから、今だったらもっと正確に当たってもいいはずだ。しかし、そこまでぴったり当てる占星術師にはお目にかかったことがない。

単なる逸話にすぎないといってしまえば、それまでであるが、占星術が経験科学であるのであれば、本来ならこの話も占星術の膨大なデータベースのなかに入っていてもいいはずだ。個人的にはアラビア語やペルシア語、ギリシア語やラテン語など古典語もできない占星術師はだいたいインチキだと思ってしまうのだが、かの業界ではこうした古典の知識はどう評価されるのだろうか。

ちなみにビールーニーは、幾何学、算術、数論、世界の構造(天文学)を完全に習得しなければ、占星術の本質を学んだことにならないと述べている。占星術師は、単なる占い師ではなく、数学の知識や観察力に優れた立派な科学者でなければならないのだ。まあ、そもそも「正座をする」だけで星の定める最悪の運命から逃れられるというのはどう考えてもありえないだろう。

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所理事・中東研究センター長。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

ニュース速報

ワールド

英国、コロナワクチンの副作用は現行賠償制度でカバー

ワールド

OPECプラス、減産規模の小幅縮小で合意 来年1月

ワールド

バイデン次期米大統領、ファウチ氏にコロナ対策顧問就

ワールド

英EU通商協議、合意なお不透明 離脱移行期間終了ま

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 2

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 3

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶民が驚愕

  • 4

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 5

    ナイキCMへ批判殺到の背景にある「崇高な日本人」史観

  • 6

    豪中炎上のフェイク画像を作成した過激アーティスト…

  • 7

    2020年の日本で最も輝いたクリエイターはこの6人

  • 8

    暴走する中国の今後を左右するWTO事務局長選 米次期…

  • 9

    「中国は香港の一世代をまるごと抹殺することも厭わ…

  • 10

    世界が前代未聞の公的債務の波に襲われても破綻しな…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!