ニュース速報
ワールド

NATO基金、AI・ロボット・宇宙技術に投資 防衛力強化へ

2024年06月18日(火)19時00分

北大西洋条約機構(NATO)は18日、防衛力強化に向けた10億ユーロ(11億ドル)の「NATOイノベーション基金(NIF)」について、投資先企業の第1陣を発表した。イラスト写真は23年6月撮影。(2024年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration/File Photo)

(英文の修正により最後から2番目の段落の「フラクタイルAI」を「フラクタイル」に修正しました)

Martin Coulter

[ロンドン 18日 ロイター] - 北大西洋条約機構(NATO)は18日、防衛力強化に向けた10億ユーロ(11億ドル)の「NATOイノベーション基金(NIF)」について、投資先企業の第1陣を発表した。

NATOはロシアによるウクライナ侵攻開始から数カ月経過した2022年夏に同基金を立ち上げ、防衛力強化につながる技術に投資すると表明した。基金には加盟32カ国中、フィンランド、スウェーデンを含む24カ国が拠出している。

NIFは18日、欧州のテクノロジー企業4社に直接投資したことを確認。防衛、安全保障、強靭性を巡る課題への対応に寄与するとした。

チャットGPTなど対話型人工知能(AI)の基盤となる大規模言語モデル(LLM)の効率化を目指す英コンピューターチップメーカーのフラクタイルや、重量物運搬から監視まで幅広い機能を備えた無人ロボットの設計を手がけるドイツのARXロボティクスが含まれる。

航空機や自動車向けの軽量素材を製造する英iCOMAT、微小重力や真空状態といった宇宙の条件を利用して軌道上で半導体を製造する英スペース・フォージも資金提供を受けた。

ロイター
Copyright (C) 2024 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

有力民主党議員がバイデン氏を支持、18人が大統領選

ワールド

イスラエルのパレスチナ占領巡る勧告的意見を19日公

ビジネス

米BNYメロン、第2四半期利益は予想上回る 手数料

ビジネス

円が対ドルでまた急騰、一時157.30円 対ユーロ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 2
    「よく知った人なのに誰だかわからない」──NATO首脳は前からバイデンの知力低下を知っていた
  • 3
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し...」「虐殺レベル」 見せしめ極刑の衝撃場面
  • 4
    和歌山カレー事件は冤罪か?『マミー』を観れば死刑…
  • 5
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 6
    南シナ海で睨みを利かす中国海警局の「モンスター船…
  • 7
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 8
    富裕層の「中国捨て」が止まらず...1万5000人以上が…
  • 9
    中国車輸入に支障、アメリカの対ロ制裁で決済が困難に
  • 10
    街の書店が激減しているのは、ネット書店のせいだけ…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 3
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車砲とドローンの「精密爆撃」で次々に「撃破」する瞬間
  • 4
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 5
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 6
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 7
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 8
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 9
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド…
  • 10
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 8
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 9
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中