ニュース速報

ワールド

米大統領、台湾有事に武力行使の選択肢 主権で妥協せずと中国

2022年05月23日(月)17時27分

 5月23日、バイデン米大統領は、台湾に中国が武力行使できないように他国と共に取り組むとし、台湾防衛に向け武力を行使する意向があるとした。写真は都内で5月23日撮影(2022年 ロイター/Jonathan Ernst)

[東京/北京/台北 23日 ロイター] - バイデン米大統領は23日、岸田文雄首相と会談後の共同記者会見で、 台湾有事の際に米国が台湾防衛に関与する意向を示した。台湾を巡るこれまでの戦略的曖昧(あいまい)性から一歩踏み出した発言だが、米政権当局者は台湾政策に変更はないと説明した。

バイデン氏は、台湾が攻撃を受けた場合、米国は台湾を防衛するのかとの質問に「イエス」と答え「それがわれわれがコミットしたことだ」と述べた。

「われわれは(台湾が中国の一部だとする)一つの中国政策に同意している。しかし(台湾への)武力の行使は適切でない」とし、そのような事態が起こらないとの見方を示した。

これについて、ホワイトハウス当局者は台湾巡る政策に変更はないと説明。「大統領が述べたように、われわれの政策は変更していない」と述べ、一つの中国政策および台湾海峡の平和と安定へのコミットメントにあらためて言及した。また台湾関係法に基づく自衛のための台湾への防衛装備品供与にコミットしていると述べた。

バイデン氏は昨年10月も台湾防衛について同様な発言をしている。その際も、大統領報道官は政策の変更を発表したわけでないと説明した。

東・南シナ海を中心に示威的行動を強める中国にバイデン氏は厳しい姿勢を取っている。会見では、ウクライナへの侵攻を続けるロシアについて、プーチン大統領が代償を払うことを期待すると述べたが、それも中国が台湾に侵攻すれば同じ憂き目を遭うという含みがある。

中国外務省の汪文斌報道官は23日の定例会見で、米国は台湾の独立を防衛すべきでないと発言。中国は主権や領土の一体性に関する問題で妥協や譲歩の余地はないと述べた。

台湾外交部(外務省)は、バイデン氏と米政府が台湾へのコミットメントを再確認したことを歓迎し謝意を示した上で、引き続き自衛能力を強化し、台湾防衛で米国や日本などと協力を深化する方針を示した。

会見でバイデン大統領は中国製品への関税引き下げを検討していると述べた。

対中追加関税について「前政権が発動した措置だ。(引き下げが)検討されている」と述べた。

また、石油輸出国機構(OPEC)に原油の増産を要請。原油価格上昇を受けて戦略備蓄を放出しているが、需要を満たすには至っていないと述べた。

Biden says weighs reducing tariffs on China, asking OPEC to pump more oilBiden says he would be willing to use force to defend taiwan日米首脳、北朝鮮など安保上の課題で緊密な連携確認=ホワイトハウスバイデン氏「日本の防衛に完全にコミット」、日米首脳会談でUPDATE 4-In Tokyo, Biden says would be willing to use force to defend Taiwanホワイトハウス当局者、台湾巡る政策「変更ない」China's foreign ministry hits back at Biden comments on U.S. aiding Taiwan militarilyTaiwan foreign ministry thanks Biden for reaffirming safety commitment

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:米株上期は半世紀ぶり大幅安、下期も身構え

ワールド

米は「アジア版NATO」構築、北朝鮮が非難 防衛力

ビジネス

午後3時のドルは小幅安、実需売りの後は一進一退 ト

ビジネス

日経平均は大引け=3日続伸、米国の金融引き締めへの

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 9

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中