ニュース速報

ワールド

米ロ首脳会談で核兵器大幅削減を協議の意向、米大統領が表明

2018年07月14日(土)06時47分

 7月13日、トランプ米大統領はフィンランドのヘルシンキで来週16日に行うプーチン・ロシア大統領との会談で、核兵器の大幅削減について協議すると述べた。代表撮影(2018年 ロイター)

[チェッカーズ(英国)/モスクワ 13日 ロイター] - トランプ米大統領は13日、フィンランドのヘルシンキで来週16日に行うプーチン・ロシア大統領との会談で、核兵器の大幅削減について協議すると述べた。

訪英中のトランプ大統領はロンドン郊外の首相別荘(チェッカーズ)で、「核兵器は世界最大の問題となっている。核兵器を大幅に削減、理想的には撤廃できるのなら、当然(プーチン大統領との会談で)取り上げたい」と述べた。

トランプ大統領がプーチン大統領との会談でどの核兵器に関する条約について取り上げるのか具体的には明らかにしていないが、両首脳は新戦略兵器削減条約(新START)のほか、中距離核戦力(INF)廃棄条約について協議する可能性があるとみられている。

ただトランプ氏は、2016年の米大統領選挙にロシアが介入したとの疑惑を巡り捜査が進められていることから、ロシアと重要事項で交渉することが難しくなっているとの認識も表明。同疑惑に対する捜査を「仕組まれた魔女狩り」と表現し、「純粋に馬鹿げたことが進められている。私が何をしようと『ロシアを愛している』と言われるため、ロシアと何をするのも困難になっている。私は米国を愛しているし、ロシアや中国など他の国と仲良くやっていくのが好きだ」と述べた。

クリミアを併合したロシアとの関係改善に向けた方策はあるかとの質問に対しては「あると考えている」と回答。ロシアはオバマ前米政権時代の2014年にクリミアを併合しているが、トランプ氏は「私が当時、米大統領だったらプーチン氏はクリミアを併合していなかっただろう」と述べた。

ロシアのウシャコフ大統領補佐官は来週の米ロ首脳会談について、トランプ大統領のモスクワ訪問、およびプーチン大統領のワシントン訪問に道を開くものになる可能性があると指摘。モスクワで記者団に対し、会談は「この夏のメインイベント」となるとし、「モスクワ訪問、もしくはワシントン訪問について協議される可能性もある」と述べた。

また、トランプ氏がプーチン氏は「敵」ではなくむしろ「競争相手」だと述べたことについて、「われわれはトランプ氏を交渉相手だと考えており、(首脳会談後も)交渉が継続されることを望んでいる」と述べた。

ウシャコフ補佐官によると、両首脳は先ず通訳のみを交えて1対1で会談。その後、関係者を含む拡大会議が行われる。このほか、ロシアのラブロフ外相とポンペオ米国務長官が並行して会談を行う。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

アングル:原油が記録的供給過剰に、生産増とアジア景

ワールド

対イタリア制裁手続き勧告へ、欧州委が21日に=関係

ワールド

英産業界、メイ首相のEU離脱案を支持 「合意なし」

ワールド

アングル:土俵際のメイ英首相、後任候補の顔ぶれ

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    人肉食が予防した不治の病

  • 5

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    リー首相「アジアはもうすぐアメリカか中国を選ばな…

  • 8

    安倍首相は「三つの原則」と言っていなかった──日本…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    人肉食が予防した不治の病

  • 8

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    安倍首相はよく耐えた!

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 8

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 9

    人肉食が予防した不治の病

  • 10

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!