ニュース速報

ワールド

メキシコ、貿易摩擦悪化なら米国産トウモロコシや大豆に関税も=当局者

2018年06月15日(金)09時51分

 6月14日、メキシコ政府は、トランプ米政権が新たな関税を導入し貿易摩擦が深刻化する場合、米国から輸入するトウモロコシや大豆に関税を課す可能性があり、それに伴う国内への悪影響を軽減する措置も検討している。写真アメリカから輸入されたトウモロコシを運ぶ作業員。2月にメキシコのトゥスパンで撮影(2018年 ロイター/Henry Romero)

[メキシコ市 14日 ロイター] - メキシコ政府は、トランプ米政権が新たな関税を導入し貿易摩擦が深刻化する場合、米国から輸入するトウモロコシや大豆に関税を課す可能性があり、それに伴う国内への悪影響を軽減する措置も検討している。複数のメキシコ政府当局者が今週、ロイターに語った。

メキシコ政府は今月初め、米国が同国に対し鉄鋼・アルミニウム輸入関税を導入すると、直ちに報復措置を発表。米国からの鉄鋼・豚肉・リンゴなどに関税を適用するとした。

ただ、家畜の飼料に使うトウモロコシや大豆などの穀物は関税対象に含まなかった。

米国産トウモロコシの最大の輸出先はメキシコ。同国の米国産トウモロコシと大豆の年間輸入額は40億ドルに上る。

こうした飼料用穀物への関税導入は米国の農家だけでなくメキシコの農家にも打撃となるため、最終手段といえる。ただ、メキシコはすでにブラジルやアルゼンチンなど米国以外からの穀物輸入を増やしており、米国産穀物への関税導入の影響を軽減することは可能だ。

メキシコの農業ロビー団体代表、ボスコ・デ・ラ・ベガ氏によると、今月4日に経済省で行われた会合で米国産穀物への関税が協議され、グアハルド経済相も会合に出席していたという。

デ・ラ・ベガ氏は、穀物への関税は、米国との貿易摩擦が危機的状況に陥った場合の策として「あえて残された」との考えを示した。米国以外からの穀物輸入を増やし、米国産穀物への高関税の影響を相殺するため、無税の輸入枠を設ける可能性について経済省で検討中だという。

同氏はまた、穀物関税は米国の「コーンベルト」に打撃を与えるものだと指摘。同地域を構成するミズーリ、カンザス、アイオワ、ネブラスカなどの州はいずれも2016年大統領選でトランプ氏への票が多かった。

デ・ラ・ベガ氏は、メキシコが穀物関税を検討し警戒を強める理由は、トランプ政権が国家安全保障を理由に自動車や自動車部品に関税を課して輸入を制限するための調査を開始したことにあると述べた。輸入制限が発動されれば、メキシコの自動車産業が打撃を受けかねない。

メキシコ農業省の国際貿易責任者ラウル・ウルテアガ氏は、メキシコは「現時点で」米国産穀物を関税対象としていないと説明。その上で、代替的な輸入先を探しているとも述べ、将来的に米国産穀物に関税を課す可能性を排除しなかった。

同氏は、昨年に国内の穀物バイヤーを率いてブラジルとアルゼンチンを訪問したことについて、米国に代わる穀物輸入先を開拓することが狙いだったと明らかにした。

メキシコ経済省の当局者は、米国産穀物への関税導入を検討しているかどうか明らかにしなかった。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

韓国と北朝鮮が閣僚級会談、鉄道・道路の連結事業など

ワールド

EU離脱合意は可能だが、問題残っている=英外相

ワールド

合意なき離脱「避けられない」、北アイルランド民主統

ビジネス

消費増税実施、重ねて表明 「あらゆる政策動員」と安

MAGAZINE

特集:「儲かるエコ」の新潮流 サーキュラー・エコノミー

2018-10・16号(10/10発売)

単なるリサイクルでなく目指すのはあくまで儲かるビジネス── 地球と経済を救う革新概念「サーキュラー・エコノミー」とは

人気ランキング

  • 1

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性奴隷」にされた地獄の日々

  • 2

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 3

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支払った代償

  • 4

    米中通貨戦争へカウントダウン開始

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ドイツだけで毎年4500万羽のひよこが殺される

  • 7

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 8

    ハーバードの「キャリア相談室」で涙を流すエリート…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ボイジャー2号がいよいよ太陽系から離脱しインターステラーへ

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 7

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

  • 10

    米国でミレニアル世代を中心に「魔女」が急増中、そ…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 6

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!