ニュース速報
ビジネス

日産社長、今年度の販売計画達成に意欲 株価低迷を株主に謝罪

2024年06月25日(火)15時13分

 6月25日、日産自動車の内田誠社長兼最高経営責任者(CEO、写真)は定時株主総会で、2025年3月期(今期)の世界販売計画「370万台は出さないといけない年だ」とし、販売計画の達成が重要課題の一つとの認識を示した。写真はフランスのパリ近郊のブーローニュ=ビヤンクールで昨年12月撮影(2024 ロイター/Stephanie Lecocq)

(見出しを修正しました)

Maki Shiraki

[東京 25日 ロイター] - 日産自動車の内田誠社長は25日の定時株主総会で、前年度未達だった世界販売計画について、2025年3月期は370万台の目標達成に意欲をみせた。また、株価が低迷していることなどを謝罪した。

内田社長は、中国での不振が24年3月期の販売計画未達の主要因だったと説明。現地の新興電気自動車メーカーが急速に力をつけてきたと述べ、「戦略の見直しを余儀なくされた」と振り返った。今年度は北米を中心に新車が寄与するとし、370万台の達成に向けて「頑張っていきたい」と語った。

24年3月期の世界販売は344万2000台。北米販売が前の年から約23%、欧州が17%、日本が6.5%それぞれ増える一方、中国は24%減少した。日産は今月21日、中国の生産能力を調整するため江蘇省常州市にある東風日産の常州工場の生産を停止したことを明らかにした。

総会では、PBR(株価純資産倍率)が直近で0.33倍と低迷する株価への不満が相次いだ。内田社長は謝罪した上で、中期経営計画を具現化し、株価や配当を引き上げることが「大きな経営課題」で覚悟を持って取り組むと話した。

3月に公正取引委員会から再発防止勧告を受けた下請け法違反については、経営責任を巡って事前に株主から多くの質問があり、内田社長取締役再任にも意見が寄せられた。内田社長は総会の前半で謝罪するとともに、社長直轄の新組織を6月に立ち上げるなどして再発防止に取り組んでいることや、台数変動に伴う取引先の経済的負担を軽減する措置も拡充するなど取引先支援について説明した。

内田社長ら12人の取締役選任案と剰余金処分案は可決された。

株主総会は報道陣に非公開だったが、ロイターは株主の許可を得て株主向けオンライン配信を視聴した。

ロイター
Copyright (C) 2024 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

全国コアCPI、6月は+2.6% コアコアは11カ

ビジネス

フォード、加工場でEVからガソリン駆動ピックアップ

ビジネス

メタ、「レイバン」メーカーに5%出資交渉=WSJ

ワールド

インド中銀、自然利子率の推計値が上昇 金融緩和余地
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親切だった」「世界最大の蚊かと思ったら弾丸」
  • 3
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 4
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 5
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 6
    米副大統領候補バンス氏「ウクライナをプーチンに引…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    トランプ暗殺未遂後の包帯姿を嘲笑したスターウォー…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 10
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 8
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 9
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中