ニュース速報
ビジネス

欧州市場サマリー(2日)

2024年01月03日(水)04時24分

   <ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。英長期金利の上昇が嫌気されたほか、金融株の下落も相場を圧迫した。

中型株で構成するFTSE250種指数は0.90%安。英国の10年物国債利回りは米長期金利につられて上昇し、一時は3.695%と2週間ぶりの高水準を付けた。

FTSE350種投資銀行・証券株指数は2.15%下落。保険株指数は1.92%下げた。

一方、英製薬のアストラゼネカは1.8%高。フランスの製薬大手サノフィと共同開発した乳幼児の呼吸器合胞体ウイルス(RSウイルス)感染症を予防する抗体療法が中国で承認されたことが買い材料となった。製薬・バイオテクノロジー株指数は1.69%上げた。

石油・ガス株指数は0.44%高。紅海で商船を襲撃したイエメンの親イラン武装組織フーシ派を米軍が撃退したと伝わり、中東原油の供給混乱が警戒されて原油価格が値上がりしたことが相場を支えた。

他の個別銘柄では、英小売大手マークス・アンド・スペンサー(M&S)が1.3%上昇。エグザーヌBNPパリバが投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」に引き上げたことが好感された。

S&Pグローバル/CIPSが発表した昨年12月の英製造業購買担当者景気指数(PMI)は生産と雇用の落ち込みが影響し、前月から低下した。

<欧州株式市場> 反落して取引を終えた。テクノロジー株などの下落が相場を押し下げた。

STOXX欧州600種テクノロジー株指数は1.72%安。オランダの半導体製造装置メーカー、ASMLホールディングが2.6%下げ、オランダ政府が中国への輸出許可の一部を取り消したことが嫌気された。

小売株指数は0.98%、不動産株指数は0.99%それぞれ下げた。

キャピタル・ドット・コムのシニア市場アナリスト、ダニエラ・ハーソン氏は「新しい年、新しい環境との期待があるが基本的には何も変わっていない。(中略)焦点は引き続き経済指標と中央銀行の動きと金融政策にある」との見方を示した。

ユーロ圏の昨年12月のHCOB製造業購買担当者景気指数(PMI)は好不況の分かれ目である50を18カ月連続で下回った。

海運大手マースクは6.4%、ハパックロイドは3.3%それぞれ上昇。フロントラインも3.9%上げた。紅海で船舶への攻撃が続き、貨物運搬の運賃が上昇するとの期待感が買いを誘った。

STOXXユーロ圏銀行株指数は1.61%上昇し、イタリアの銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(MPS)が6.1%上げた。

スイス市場は祝日のため休場だった。

<ユーロ圏債券> 国債利回りが上昇して2024年の取引を開始した。昨年最後の2週間は薄商いの中、24年に約160ベーシスポイント(bp)の利下げが実施されるとの観測などを背景に国債利回りは大きく低下していた。

終盤の取引で独10年債利回りは3bp上昇の2.061%。先週は1.896%と、約1年ぶりの低水準を付けていた。

同利回りは23年全体で55bp低下。年間での低下幅としては14年以来最大だった。欧州中央銀行(ECB)が利上げ局面は終了に近づいていると示唆したことを受け、11月と12月に大きく低下した。

実質ベースの独10年債利回りは、昨年12月末にマイナス0.075%と、同年6月1日以来の低水準を更新。この日の取引ではプラス0.071%となっている。

独2年債利回りは5bp上昇の2.452%。

イタリア10年債利回りはほぼ横ばいの3.713%。先週は3.468%と、22年8月以来の低水準を付けていた。

独伊10年債利回り格差は164bp。このほど154.10bpと、6カ月ぶりの水準に縮小していた。

市場は4日に発表されるドイツのインフレ率など、ユーロ圏のインフレ指標に注目。バンク・オブ・アメリカ(BofA)の欧州エコノミスト、ルーベン・セグラ・カユエラ氏は、エネルギー価格のベース効果を踏まえると、ユーロ圏のインフレ率は昨年12月に加え、今年1月も上昇する可能性が高いと予想。ユーロ圏のインフレ率はECBが目標とする2%を24年8月まで下回らないとの見方を示した。

<為替> 欧州終盤 アジア市場終盤 コード

ユーロ/ドル    1.0955 1.1014

ドル/円 141.89 141.53

ユーロ/円 155.47 155.92

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード

STOXX欧州600種 478.51 -0.51 -0.11 479.02

FTSEユーロファースト300種 1887.35 -1.35 -0.07 1888.70

ユーロSTOXX50種 4512.81 -8.84 -0.20 4521.65

FTSE100種 7721.52 -11.72 -0.15 7733.24

クセトラDAX 16769.36 +17.72 +0.11 16751.64

CAC40種 7530.86 -12.32 -0.16 7543.18

<金現物> 午後 コード

値決め 2078.4

<金利・債券>

米東部時間13時20分

*先物 清算値 前日比 前営業日終盤 コード

3カ月物ユーロ 96.12 -0.01 96.13

独連邦債2年物 106.46 -0.09 106.55

独連邦債5年物 119.11 -0.17 119.28

独連邦債10年物 136.89 -0.33 137.22

独連邦債30年物 140.46 -1.26 141.72

*現物利回り 現在値 前日比 前営業日終盤 コード

独連邦債2年物 2.461 +0.055 2.400

独連邦債5年物 1.997 +0.048 1.946

独連邦債10年物 2.069 +0.040 2.029

独連邦債30年物 2.312 +0.055 2.258

ロイター
Copyright (C) 2024 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アクティビスト投資家エリオット、米TIへの25億ド

ワールド

EU、ウクライナ国内での部隊訓練を議論 共通の見解

ビジネス

米CB消費者信頼感、5月は102.0 インフレ懸念

ワールド

イスラエル戦車、ラファ中心部に初到達 避難区域砲撃
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
2024年6月 4日号(5/28発売)

強硬派・ライシ大統領の突然の死はイスラム神権政治と中東の戦争をこう変える

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 2

    汎用AIが特化型モデルを不要に=サム・アルトマン氏最新インタビュー

  • 3

    プーチンの天然ガス戦略が裏目で売り先が枯渇! 欧州はロシア離れで対中輸出も採算割れと米シンクタンク

  • 4

    中国海軍「ドローン専用空母」が革命的すぎる...ゲー…

  • 5

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 6

    コンテナ船の衝突と橋の崩落から2カ月、米ボルティモ…

  • 7

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 8

    TikTokやXでも拡散、テレビ局アカウントも...軍事演…

  • 9

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 10

    メキシコに巨大な「緑の渦」が出現、その正体は?

  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 7

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 8

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 9

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などできない理由

  • 4

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 8

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 9

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

  • 10

    どの顔が好き? 「パートナーに求める性格」が分かる…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中