ニュース速報

ビジネス

JAL、ボーイング737-8型機を21機導入 2026年から

2023年03月23日(木)18時47分

 3月23日 日本航空(JAL)は23日、ボーイング737─8型機21機の購入契約を締結したと発表した。写真は2013年11月、成田空港で撮影(2023年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 23日 ロイター] - 日本航空(JAL)は23日、米ボーイングの737-8型機21機の購入契約を締結したと発表した。同社グループで最も保有機数の多いボーイング737-800型機の更新機材として、2026年の導入開始を目指す。JALがボーイングの新型機を発注するのは18年ぶり。

飛行機は鉄道などに比べ二酸化炭素(CO2)の排出量が多く、脱炭素の取り組みが進む中、JALはグループでCO2総排出量を30年度に19年比10%削減、50年度に実質ゼロとする目標を掲げており、省燃費機材の更新を進める。

737-8型機は最新鋭の737MAXシリーズの機材の一つで、会見した赤坂祐二社長によると、燃料消費量とCO2排出量は737-800型機に比べ「約15%削減できる」という。

また、欧州エアバスのA350-1000型機を23年度下期から羽田─ニューヨーク線を皮切りに国際線へ投入する。赤坂社長は「機体が軽量化し燃費が良い分、航続距離も伸びる。CO2排出量は(現行の777-300ER型機に比べ)約25%削減できる」と説明した。

国際線の今年の夏ダイヤの事業計画については、北米や東南アジア・オセアニア路線は新型コロナウイルス流行前の水準を回復するが、中国の復便が遅れている東アジアは56%、ハワイ・グアム線も日本人の観光需要が戻っておらず59%にとどまる。赤坂社長は中国人の訪日需要の戻りは「慎重にみている」といい、「地域ごとにばらつきがあるが、全体では76%まで回復できる計画」としている。

春休みの旅客需要動向は、国内線がコロナ前の約9割、国際線は6割ほど戻ってきたという。

赤坂社長は、9日のタイムセール開始直後にホームページへのアクセスが集中し接続しづらい状態になったことについて陳謝した上で、「需要が強い」ことの表れでもあるとし「4月中に」セール再開を目指すと述べた。

JALは国内線全路線で一律片道6600円とする割引セールを14日までの予定で開始したが、ホームページがほぼ接続できない状態となりセールを中止した。平常時のアクセス数は毎時約3万人で、今回のセールでは40万人を想定して準備していたが実際は約100万人がアクセスし、システムが対応できなかった。

ロイター
Copyright (C) 2023 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

バイデン氏支持率41%、債務問題解決でも横ばい=世

ビジネス

中国不動産市場、支援策の奏功には時間が必要=政府系

ビジネス

トルコリラ急落、介入から変動容認の当局方針変化を示

ビジネス

英スナク政権、総選挙前の減税余地ほとんどない OE

MAGAZINE

特集:最新予測 米大統領選

2023年6月13日号(6/ 6発売)

トランプ、デサンティス、ペンス......名乗りを上げる共和党候補。超高齢の現職バイデンは2024年に勝てるのか

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「中で何かが動いてる」と母 耳の穴からまさかの生き物が這い出てくる瞬間

  • 2

    性行為の欧州選手権が開催決定...ライブ配信も予定...ネット震撼

  • 3

    ワグネルは撤収と見せかけてクーデーターの機会を狙っている──元ロシア軍情報部門将校 

  • 4

    自社株買いでストップ高!「日本株」の評価が変わり…

  • 5

    元米駆逐艦長が「心臓が止まるかと」思ったほど危機…

  • 6

    メーガン妃が「絶対に誰にも見られたくなかった写真…

  • 7

    「ダライ・ラマは小児性愛者」 中国が流した「偽情報…

  • 8

    プーチンは体の病気ではなく心の病気?──元警護官が…

  • 9

    マーサ・スチュワート、水着姿で表紙を飾ったことを…

  • 10

    ワグネルに代わってカディロフツィがロシアの主力に…

  • 1

    ロシアの「竜の歯」、ウクライナ「反転攻勢」を阻止できず...チャレンジャー2戦車があっさり突破する映像を公開

  • 2

    「中で何かが動いてる」と母 耳の穴からまさかの生き物が這い出てくる瞬間

  • 3

    「日本ネット企業の雄」だった楽天は、なぜここまで追い込まれた? 迫る「決断の日」

  • 4

    米軍、日本企業にTNT火薬の調達を打診 ウクライナ向…

  • 5

    「ダライ・ラマは小児性愛者」 中国が流した「偽情報…

  • 6

    敗訴ヘンリー王子、巨額「裁判費用」の悪夢...最大20…

  • 7

    【ヨルダン王室】世界がうっとり、ラジワ皇太子妃の…

  • 8

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎ…

  • 9

    どんぶりを余裕で覆う14本足の巨大甲殻類、台北のラ…

  • 10

    ウクライナ側からの越境攻撃を撃退「装甲車4台破壊、戦…

  • 1

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎられて死亡...血まみれの現場

  • 2

    世界がくぎづけとなった、アン王女の麗人ぶり

  • 3

    カミラ妃の王冠から特大ダイヤが外されたことに、「触れてほしくない」理由とは?

  • 4

    「ぼったくり」「家族を連れていけない」わずか1年半…

  • 5

    F-16がロシアをビビらせる2つの理由──元英空軍司令官

  • 6

    築130年の住宅に引っ越したTikToker夫婦、3つの「隠…

  • 7

    歩きやすさ重視? カンヌ映画祭出席の米人気女優、…

  • 8

    「飼い主が許せない」「撮影せずに助けるべき...」巨…

  • 9

    預け荷物からヘビ22匹と1匹の...旅客、到着先の空港…

  • 10

    キャサリン妃が戴冠式で義理の母に捧げた「ささやか…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中