ニュース速報

ビジネス

午後3時のドルは103円半ば、原油安で資源国通貨の快進撃がやむ

2021年01月22日(金)15時28分

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、若干ドル高/円安の103円半ば。写真は2020年2月、メキシコの外為ショップで撮影(2021年 ロイター/Edgard Garrido)

[東京 22日 ロイター] -

ドル/円  ユーロ/ドル  ユーロ/円

午後3時現在 103.57/59 1.2170/74 126.07/11

午前9時現在 103.49/51 1.2164/68 125.90/94

NY午後5時 103.48/53 1.2162/66 125.91/95

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、若干ドル高/円安の103円半ば。ドルは国内勢の売りや週末を控えた海外勢のポジション調整に押され軟調気味に推移した。欧州中央銀行(ECB)理事会を経たユーロは堅調だったが、原油安で資源国通貨の快進撃がストップするなど、各通貨はまちまちだった。

午前の取引でドル/円は103.61円まで上昇したが、午後は膠着感を強めた。

ユーロは1.21ドル後半で堅調。ECBは前日、ユーロ高が物価の下押し圧力になっていると認めた上で、為替レートの動向が中期的なインフレ見通しに与える影響を引き続き注視していくとしたが、市場では「腰の入ったユーロ高けん制ではなかった」(証券会社)と受け止められた。

英タイムズ紙は21日、日本政府が新型コロナウイルスのため東京五輪を中止せざるを得ないと非公式に結論付けた、と報じた。

「現時点で開催がどの程度、株価に織り込まれているのか判然としない部分はあるが、中止や延期が市場心理を冷やし、高値圏にある株価にどう影響を与えるかは注目」(アナリスト)との意見が聞かれたが、ドル/円に直接的な影響はなかった。

資源国通貨は原油価格の下落が足かせとなり下落した。

カナダドルは、前日に2年9カ月ぶり高値1.2586加ドルを付けたが、1.26加ドル後半に軟化。豪ドルは前日0.7784ドルまで上昇したが、きょうは0.77ドル前半での取引となった。

きょうのアジア時間の原油先物は下落し、先週付けた11カ月ぶりの高値が一段と遠のいた。中国の新型コロナウイルス感染拡大を抑えるための新たな制限が同国の石油需要を圧迫するとの懸念が売りを誘った。

米WTI原油先物は現在52.40ドル付近で、前日の清算値53.13ドルを下回っている。

ロイターが21日に閲覧した米内務省の命令文書(20日付)によると、バイデン政権は、国内領土・領海における石油・ガス鉱区のリース権と掘削許可について、法的および政策面での影響を検討するため、暫定的に停止した。

バイデン大統領は気候変動問題への取り組みを重要課題としており、大統領選キャンペーンでは新規掘削の全面禁止を公約に掲げていた。

(為替マーケットチーム)

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

ドル3カ月ぶり高値、パウエル発言で米債利回り上昇=

ビジネス

米株はFRB議長発言受け続落、ナスダック年初来でマ

ビジネス

米上院、コロナ対策法案の審議開始 週末に採決も

ビジネス

米FRB議長、「辛抱強く」対応と強調 現行政策は「

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 5

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 6

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 7

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 8

    アメリカは2022年北京五輪をボイコットする?

  • 9

    習近平国賓来日は延期でなく中止すべき

  • 10

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 1

    バブルは弾けた

  • 2

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 5

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 6

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 7

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 8

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 9

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 10

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!