ニュース速報

ビジネス

米ISM非製造業指数、11月は55.9に低下 6カ月ぶり低水準

2020年12月04日(金)02時15分

米供給管理協会(ISM)が3日発表した11月の非製造業総合指数(NMI)は55.9と、6カ月ぶりの低水準を付けた。デラウェア州リホーボスビーチで11月撮影(2020年 ロイター/JOSHUA ROBERTS)

[ワシントン 3日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が3日発表した11月の非製造業総合指数(NMI)は55.9と、6カ月ぶりの低水準を付けた。新型コロナウイルス感染拡大を抑えるために導入された広範な事業規制が背景で、景気後退(リセッション)からの持ち直しが勢いを失っているとの見方を後押しした。市場予想は56.0だった。

10月のNMIは56.6だった。

指数は2カ月連続で低下。コロナ禍前の2月は57.3だった。指数は50が景気拡大・縮小の節目となる。サービス業は米経済の3分の2以上を占める。

ISMが1日に発表した11月の製造業景気指数は前月から低下した。多くの産業で新型コロナを理由とした欠勤率の上昇や消毒のための工場の短期的閉鎖、労働者の職場復帰や採用の困難に関する声が上がった。

米国は再び新型コロナ感染が急増しており、11月の新規感染者数は420万人、死者数は3万5000人を超えた。

政府による3兆ドルを超える新型コロナ支援策により、何百万人もの失業者が生活費を賄えたほか、企業は従業員を維持できたが、支援策はすでに失効したか今月中に失効する。同時に新型コロナ感染の再拡大により個人消費が鈍化している。支援策によって第3・四半期GDPは過去最大の伸びを記録していた。

米議会の超党派グループは1日、9080億ドルの新型コロナウイルス救済法案を発表した。上院共和党トップのマコネル院内総務は同日、別の法案を回覧。ムニューシン財務長官は2日、マコネル氏の法案について、議会の承認を得られればトランプ大統領が署名すると述べた。

第3・四半期GDPは33.1%増と過去最大の伸びになった。第2・四半期GDPは31.4%減と、政府が統計を開始した1947年以来の大幅な落ち込みだった。第4・四半期GDPの成長率予想は大方5%を下回っている。新型コロナ感染が急増する中で追加支援策はなく、一部のエコノミストは21年第1・四半期に景気が縮小するとみている。

NMIの内訳は、新規受注が57.2と、10月の58.8から低下。2カ月連続で低下している。受注残や輸出受注も低下し、サービス業が短期的に一段と鈍化することを示唆した。

一方、雇用指数は51.5と、10月の50.1から上昇。労働市場が11月に緩やかながらも回復し続けたことを示唆する。ロイターのエコノミスト調査によると、11月の非農業部門雇用者数は前月から48万6000人増と、景気回復が始まった5月以来の小幅な伸びとなる見込み。10月は63万8000人増だった。雇用者は2月のピークから960万9000人下回る水準となる。雇用の伸びは6月に付けた478万1000人増から鈍化している。

ハイ・フリークエンシー・エコノミクスのチーフ米国エコノミスト、ルベーラ・ファルーキ氏は、「先行きの需要や活動の重しになる新たな規制や事業閉鎖でリスクは下向きだ」と述べた。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

ファイザー・モデルナ製ワクチン、米政府が競合へ製造

ワールド

米新政権、EUアルミ・鉄鋼関税撤回を=在米EU大使

ワールド

日米首脳が電話会談、同盟強化で一致 菅首相の早期訪

ワールド

IOC、東京五輪成功へ完全にコミット=バッハ会長

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!