ニュース速報

ビジネス

米次期財務長官にイエレン前FRB議長、バイデン氏が起用へ

2020年11月24日(火)14時11分

米大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領は、財務長官に連邦準備理事会(FRB)のジャネット・イエレン前議長を起用する方針。ワシントンで2017年12月撮影(2020年 ロイター/JONATHAN ERNST)

[ワシントン 23日 ロイター] - 米大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領は、財務長官に連邦準備理事会(FRB)のジャネット・イエレン前議長(74)を起用する方針。民主党関係者が明らかにした。

政権移行チームのアドバイザー、ジェン・プサキ氏は、経済チームの陣容は来週発表される見通しだとツイッターに投稿した。

イエレン氏が財務長官に就任すれば女性初の同省トップとなる。同氏の指揮の下、財務省は、トランプ政権が重視した減税や金融規制緩和から、経済的不平等や気候変動の問題への進歩的な対策に政策の力点をシフトするとみられる。

同氏の起用は、バイデン新政権が議会や海外の金融当局などから評価が高く経験豊富な政策決定者を政権に登用する姿勢を示している。同氏は米議会や国際金融関係者、進歩派(プログレッシブ)、財界から広く尊敬を得ている。イエレン氏は、新型コロナウイルス流行を受けてリセッション(景気後退)に陥った米経済を支援するために政府支出の拡大を求めてきた。

FRBでは2010─14年に副議長、14─18年にFRB史上初の女性議長を務めた。トランプ大統領はイエレン氏を再任せずに18年にパウエル現議長に交代させた。

ニューヨーク・ブルックリンの医師と小学校教師の家庭に生まれたイエレン氏は、エール大学で経済学の博士号を取得し、カリフォルニア大学バークレー校、ハーバード大学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで経済学を教えた経歴を持つ。クリントン政権時代には米大統領経済諮問委員会(CEA)委員長も務めた。

バイデン氏の政権移行チームの広報担当とイエレン氏はコメントの求めに応じなかった。

財務長官人事を巡っては、経済・金融の専門家としてラエル・ブレイナードFRB理事やアフリカ系米国人のファーガソン元FRB副議長のほか、大統領選の民主党候補を争ったエリザベス・ウォーレン上院議員の名前も挙がっていた。

ウォーレン氏はツイッターで、イエレン氏指名は「素晴らしい人選」とし、イエレン氏のことをFRB議長時代に「ウォールストリートの銀行に立ち向かった」と称賛した。

<財政政策で手腕発揮か>

イエレン氏はFRB時代にはなかった財政・税制政策に影響力を持つ財務長官という立場で大きな役割を担うことになる。

財務省の元高官で現在は国際金融協会(IIF)最高経営責任者(CEO)のティム・アダムズ氏は、イエレン氏は「米国がコロナ流行からの景気回復を探る上で、信頼が高く安定的、現実的な手腕で陣頭指揮をとるだろう」と予想。

上院は民主党がジョージア州選出議員2人を決める1月の決選投票で多数派に転じる可能性は低く、イエレン氏にはバイデン氏の富裕層向けの増税やインフラ・教育・気候変動対策関連の大型支出などの政策目標の実現に向け、共和党との厳しい協議が待ち受けるとみられる。

短期的には、イエレン氏は雇用創出と経済的不平等の是正に向けた支出拡大を効果的に訴えられるだろうとエコノミストは予想する。

FRBのエコノミストとしてイエレン氏と同じ職場で勤務した経験がある調査会社マクロポリシー・パースペクティブのジュリア・コロナード社長は「イエレン氏はコンセンサスをどのように構築すればいいのか、いかに自分に有利な形で議論を進めるかを知っている」と指摘した。

<市場は好感>

イエレン氏が財務長官に指名されると報道されると、ほぼ横ばいで推移していたS&P総合500種指数は上昇し、0.56%高で終了した。

市場関係者は、イエレン氏がコロナによる経済危機の克服に向けて追加財政出動を推進し、財務省がFRBと緊密な連携を続けるよう図ると期待する。

ブラウン・アドバイザリーの債券担当責任者、トム・グラフ氏は「イエレン氏はより積極的な財政政策を強力に訴えるだろう。ワシントン周辺での影響力の大きさを踏まえると、バイデン氏が指名する人材の中で、唯一最大の効果を発揮する財政拡張派となる可能性がある」とした。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

ビジネス

ドル4週間ぶり高値、米指標軟調で安全通貨買い=NY

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論が出ない理由

  • 4

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 5

    「#ジョンインちゃん、ごめんね」 養父母による虐待死…

  • 6

    ポーランドで過去を偽り聖職者となった青年の実話に…

  • 7

    メルケル独首相が、ツイッターのトランプアカウント…

  • 8

    「夫の死を無駄にしないで」ワクチン接種後、自己免…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    火星までの移動日数を半分に 原子力推進技術でイギ…

  • 1

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 2

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 6

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 7

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 8

    上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウ…

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 5

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    中国を封じ込める「海の長城」構築が始まった

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!