ニュース速報

ビジネス

中国PPI、7月は低下和らぐ CPIは食品が押し上げ

2020年08月10日(月)14時12分

 中国国家統計局が発表した7月の生産者物価指数(PPI)は、国際石油価格の上昇を受けて低下率が鈍化した。企業活動が新型コロナウイルス危機前の水準に回復しつつあり、景気回復の兆しがみられる。写真は中国の工場。北京で5月撮影(2020年 ロイター/Thomas Peter)

[北京 10日 ロイター] - 中国国家統計局が発表した7月の生産者物価指数(PPI)は、国際石油価格の上昇を受けて低下率が鈍化した。企業活動が新型コロナウイルス危機前の水準に回復しつつあり、景気回復の兆しがみられる。

7月のPPIは前年比2.4%低下。6月(3.0%低下)から低下幅が縮小した。ロイターが集計したアナリスト予想は2.5%低下だった。

アナリストは、政府の支援策や、蓄積された需要が輸出を押しあげ、鉱工業生産はコロナ危機前の水準へと順調に回復していると指摘する。

国家統計局の当局者によると、国際原油価格の上昇を背景に石油・天然ガス留出価格が前月比で12%上昇したほか、石炭掘削や自動車の製造価格も上昇した。

キャピタル・エコノミクスのシニアエコノミスト、ジュリアン・エバンズ・プリチャード氏は「さらなる財政刺激策で今後数カ月間インフラ支出が拡大し、経済活動や生産者価格の一段の回復を支援する」との見方を示した。

ただPPIは前月比で0.4%上昇と6月と変わらず。南部で記録的豪雨により建設作業や生産が停止した。

一部エコノミストは、個人が消費に慎重なことや、各国でコロナ感染拡大が再び深刻になっていることから、回復がとん挫する可能性もあるとみている。

<消費者物価は食品が押し上げ>

消費者物価は、天候不良による食品の値上がりで3カ月ぶりの高い伸びとなった。

消費者物価指数(CPI)は前年比2.7%上昇。6月は2.5%上昇、アナリスト予想は2.6%上昇だった。

食品CPIは前年比13.2%上昇、豚肉価格は85.7%上昇した。非食品CPIは前年比変わらずだった。

食品とエネルギーを除いたコアインフレ率は前年比0.5%の上昇にとどまった。

上海証券のチーフマクロアナリスト、Hu Yuexiao氏は「予想を上回る上昇を受け、金融当局は政策正常化の姿勢を強めるだろう」と述べた。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

ベラルーシのルカシェンコ大統領が就任式、事前予告な

ビジネス

資金繰り支援策、必要なら期限延長「十分ありうる」=

ワールド

日中首脳が25日夜に電話会談へ=関係者

ワールド

英財務相、休業者給与支援を延長しない意向=外相

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で留学生らを排斥

  • 3

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首相の「デジタル化」大号令

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 6

    台湾・蔡英文総統、菅首相と電話会談予定せず 森元首…

  • 7

    アフリカで外国による軍事基地建設ラッシュが起きて…

  • 8

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 9

    米科学誌が初めて特定候補支持を表明、「事実に基づ…

  • 10

    関係悪化の責任は安倍前首相にあると煽ってきた韓国…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 4

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 5

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 6

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 7

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 8

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 9

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 10

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!