ニュース速報

ビジネス

ホンダ、サイバー攻撃で生産休止中の全工場が操業再開 

2020年06月12日(金)13時17分

 6月12日、ホンダは、サイバー攻撃を受けて生産を休止していた工場すべてが現地時間11日までに再開したと明らかにした。写真はジュネーブで昨年3月撮影(2020年 ロイター/Pierre Albouy)

[東京 12日 ロイター] - ホンダ<7267.T>は12日、サイバー攻撃を受けて生産を休止していた工場すべてが現地時間11日までに再開したと明らかにした。サイバー攻撃により、8日午前に社内ネットワークシステムに障害が発生。この影響で国内外の一部工場で生産・出荷が一時停止した。停止による生産台数への影響は非公表だが、広報担当者によれば、生産の遅れは挽回できるとして「事業への影響は特段ない」としている。

今回のサイバー攻撃では、何者かが外部から社内サーバーに侵入後、ウイルスを拡散させた。ウイルス拡散の影響は生産管理システムにも及び、インドとブラジルの二輪車工場、トルコと北米の四輪車工場が一時生産休止に追い込まれた。各工場は順次復旧し、稼働をすでに再開。最後まで休止が続いていた米国オハイオ州のメアリズビル、イーストリバティ、パフォーマンス・マニュファクチャリング・センターの3つの四輪車工場も11日までにすべて再開にこぎつけた。

北米ではコールセンターの受付やリース契約業務もできない状態になった。現在、復旧作業は始まっているものの、全面再開にはまだ至っていない。

サイバー攻撃を受けた8日当日は、国内の寄居(埼玉県寄居町)と狭山(埼玉県狭山市)の四輪車工場で、出荷前に完成車に不具合がないかどうかを確認する「完成車検査システム」がシステム障害の影響を受けたため、出荷を一時見合わせたが、同日午後には再開した。

一方、当初は鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)もシステム障害の影響で8日に出荷を停止したと伝えられたが、実際には影響を受けておらず、出荷も止まっていないという。中国の工場も影響は出ていない。広報担当者はまた、「顧客・社員いずれの個人情報も漏えいしていない」といい、誰がどう不正にアクセスし、国内と海外のどちらから侵入したかなど詳細に関しては「セキュリティーの関係で答えられない」としている。

システム障害は8日午前9時ごろに発生。外部から社内サーバーに侵入され、ウイルスが拡散されたことが判明。生産管理などのシステムのほか、一部社員のパソコンもウイルスに感染していた。社員はメールのやり取りなどもできなくなった。コロナウイルス感染防止のため、社員の多くが在宅勤務中だったため、9日は間接部門を中心に有給休暇の取得を推奨した。現在は一部の社員を除き、パソコンを使用して通常業務を行っているという。

(白木真紀)

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

独ZEW景気期待指数、1月は61.8に上昇 輸出拡

ワールド

2020年の北朝鮮の対中貿易、80%減 新型コロナ

ワールド

石油需要の回復、新型コロナの感染再拡大が圧迫=IE

ワールド

コロナ独立委報告、中国の初動の不備を意味しない=外

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 2

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

  • 3

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、取り巻きたちの全内幕

  • 4

    州兵たちの仕事は「愛国」を叫ぶ同胞たちから議事堂…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 7

    米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

  • 8

    米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

  • 9

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 10

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 5

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 6

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 9

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 10

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 8

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!