ニュース速報

ビジネス

インタビュー:中国6%成長は妥当、中立的政策維持へ=人民銀元副総裁

2020年01月21日(火)07時02分

中国人民銀行(中央銀行)の元副総裁で、中国清華大学・国家金融研究院の朱民院長は20日、中国経済が今年、現在の成長ペースをおおむね維持することは可能との認識を示した。リマで2015年10月撮影(2020年 ロイター)

[20日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)の元副総裁で、中国清華大学・国家金融研究院の朱民院長は20日、中国経済が今年、現在の成長ペースをおおむね維持することは可能との認識を示した。

朱氏は世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)に合わせて開催されたロイター・グローバル・マーケッツ・フォーラムで、年間6%の成長率は「極めて妥当」と指摘。さらに、高水準の債務を踏まえ、国内の金融政策は年内、中立的になると語った。

さらに、米中の「第2段階」の通商交渉の今後の進展は米国にかかっていると述べた。

<2020年の中国経済の見通しおよび国内総生産(GDP)伸び率予想は>

20年は良好な1年となる可能性がある。経済は安定化し、通商合意や技術革新が効果を発揮し、投資を支援するだろう。中国にとって6%の成長率は極めて妥当だ。中国がこの成長レベルを維持することは現時点で可能だ。高水準にある債務に慎重を期し、中国の金融政策は中立的にとどまる見通しだ。財政イニシアチブも引き続き支えとなる。

<20年にどのような政策イニシアチブが取られる可能性があるか>

中国はすでにインフラ投資の分野で多くの取り組みを行ってきたが、高速電車や地下鉄などへの投資余地は存在する。これは中国では比較的最近確立しつつあるインフラだ。

<インフレ加速にかかわらず、中国人民銀が最優遇貸出金利(ローンプライムレート、LPR)や市中銀行の預金準備率(RRR)引き下げを継続するか>

利下げの必要性がかなりあるとは考えていない。RRR引き下げの余地は存在し、金融政策の効果が円滑に波及すれば、流動性は実体経済に流入するだろう。総じて人民銀は政策を維持するだろう。

<今年の中国債券市場の動きをどう見るか。天津物産集団の債務問題などを受け、投資家のセンチメントが悪化する可能性を想定するか>

昨年、中国債券市場への資金流入は好調だった。今年は昨年から拡大すると予想する。米連邦準備理事会(FRB)が利下げモードにあり、市場で年内の追加利下げが予想されるなか、金利格差は引き続き中国に有利となる。

<米中貿易摩擦について。第1段階の合意を受け何を想定するか>

米中は双方にとって最適とされる方策を見いだすことに注力している。第1段階の合意は貿易と知的財産権の保護に焦点が置かれた。第2段階の交渉では技術のほか、米国で学ぶ中国人学生の減少、中国企業のブラックリスト追加など、多岐にわたる問題が協議される余地がある。不透明性を解消し、明確な境界線を定めることが重要だ。

第2段階の合意が署名されるかどうかは分からず、ボールは米国側のコートにある。今年は米大統領選挙も行われる。しかし、われわれは協議の開始を望んでいる。大統領選前であっても、協議を持つことは協議しないよりも望ましいだろう。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米共和党の元安保当局者ら50人超、バイデン氏を支持

ワールド

ロシア、右翼メディア装い米有権者に影響か 大統領選

ビジネス

米建設支出、8月は予想上回る1.4%増 コロナ禍で

ワールド

ナワリヌイ氏事件は「平和への脅威」、安保理欧州理事

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べるヘビ

  • 3

    かなりレア、暗闇で息を呑むほど圧倒的な視認性を誇る角形ダイバーズウォッチ

  • 4

    「驕る習近平は久しからず」中国コワモテ外交の末路

  • 5

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 6

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 7

    米国と台湾が共同インフラ計画で連携 中国の一帯一…

  • 8

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 9

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 10

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 4

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べる…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!