ニュース速報

ビジネス

米金融政策、少なくとも1年は現行維持が適切=セントルイス連銀総裁

2020年01月18日(土)05時55分

米セントルイス地区連銀のブラード総裁は、米国の長短利回り格差はまだ健全な状態には戻っていないものの、連邦準備理事会(FRB)が昨年に実施した3回の利下げの効果を見極めるため、政策を少なくとも1年は現行にとどめることが適切になるとの考えを示した。昨年撮影(2020年 ロイター/Jonathan Crosby)

[セントルイス 17日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は、米国の長短利回り格差はまだ健全な状態には戻っていないものの、連邦準備理事会(FRB)が昨年に実施した3回の利下げの効果を見極めるため、政策を少なくとも1年は現行にとどめることが適切になるとの考えを示した。

ブラード総裁は約1年前、米国債利回りの状況を踏まえると市場で米経済に対する信頼感が失われている可能性があると警告。ただロイターが14日に実施したインタビューでは、「FRBは2019年は大幅な利下げを実施した。この結果は20年に顕在化する」とし、「今年上半期、または年間を通して、どの程度の影響が出るか見極めたい」と述べた。

その上で「バブルが発生する環境にあるためにFRBが政策を変更する必要があることを示すものは現時点では何もない」と指摘。ただ警戒はしていると述べた。

FRBは19年は7月、9月、10月に合計3回の利下げを実施。ブラード総裁はより大きな幅の利下げを主張し、連邦公開市場委員会(FOMC)で2回、反対票を投じた。ただFRBは12月のFOMCで全会一致で金利据え置きを決定。政策担当者の間で経済情勢が大幅に変化しない限り金利変更は必要ないとの考えが浸透した。

ブラード総裁は19年に特徴的だったこととして、低失業、低インフレ、低金利、金融システムの安定がすべて同時に実現できるとの事実をFRBが完全に受け入れたことが挙げられると指摘。「(19年は)1990年代や2000年代に見られた金利水準には戻らないとの考えが受け入れられた年だった。この方向に向けた努力が打ち切られただけでなく、反対に向かうことになった」と述べた。

20年については、通商を巡る先行き不透明性が高い状態に企業が適応したことで予想外に良好な事態が生まれる可能性があると予想。労働市場の引き締まりを受け生産性の向上につながる設備投資が促進されるほか、通商を巡る先行き不透明性が解消すれば、米経済成長は加速しインフレ見通しも改善する可能性があるとの見方を示した。

ただ、米国債の利回り曲線にはなお留意していると表明。10年債と2年債との利回り格差は現在約25ベーシスポイント(bp)と、経済成長が続いていた1990年代の水準をなお大きく下回っているとし、この格差が少なくとも50bpまで拡大すれば、市場に経済成長とインフレに対する信頼感が出ていることが示唆されるため、より安心できると述べた。

一方、こうしたことは現時点で追加利下げが必要と主張する理由にはならないとし、「われわれは正しい方向に進んでいる」と述べた。

ブラード総裁は今年のFOMCで投票権を持っていない。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米とASEAN首脳の会合延期、ウイルス感染拡大で=

ワールド

韓国の感染ペース最悪、国民に外出控えるよう呼びかけ

ビジネス

中国の景況感、2月は過去最低 新型ウイルスの影響あ

ワールド

中国本土の新規感染者、湖北省外では4人に 集計開始

MAGAZINE

特集:AI時代の英語学習

2020-3・ 3号(2/26発売)

自動翻訳はどこまで実用的か? AI翻訳・通訳を使いこなす英語力とは

人気ランキング

  • 1

    世界経済を狂わせる新型コロナウイルスの脅威──最大の影響を受けるのは日本

  • 2

    ユナイテッド航空、新型コロナウイルス感染拡大めぐり東京・大阪・ソウル・シンガポール発着便を停止

  • 3

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 4

    新型コロナウイルス最大の脅威は中国政府の隠蔽工作

  • 5

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 6

    新型コロナウイルス、感染ショックの後に日本を襲う4…

  • 7

    新型ウイルスは段ボール、プラスチックの表面で2時間…

  • 8

    徹底したウイルス対策実施のシンガポール 他国が真…

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる日本国内の最新状況まと…

  • 10

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 3

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 4

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 5

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)…

  • 6

    アメリカから帰国した私が日本の大手航空会社の新型…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いす…

  • 9

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 10

    「送料無料」でも楽天はアマゾンに勝てない あえて…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!