ニュース速報

ビジネス

欧州市場サマリー(18日)

2018年10月19日(金)03時01分

[18日 ロイター] - <ロンドン株式市場> 続落。軟調な決算が売り材料となった。

ドイツのセメントメーカー、ハイデルベルグセメントが利益見通しを引き下げたことで資材株が売られ、アイルランドの建材大手CRHが4.1%下落した。

英蘭系日用品大手ユニリーバは0.9%安だった。第3・四半期決算は、売上高は伸びたものの、売り上げ個数が予想を下回ったことが嫌気された。

一方、スイスの製薬大手ノバルティスは1.9%上昇した。2018年の収益見通しを引き上げたほか、がん治療薬開発を手がける米エンドサイトを21億ドルで買収するとの発表が好感された。同業のグラクソ・スミスクライン(GSK)とシャイアーは1.1%と1.3%の連れ高となった。

<欧州株式市場> 続落して取引を終えた。米国株式相場が下がったことで連れ安となった。また景気動向に左右されるテクノロジーや銀行株が値を下げた。

米国では製造業企業による軟調な決算を受けて部門内のコスト増加や輸入関税の影響が意識された。米国株は幅広く売られている。

STOXX欧州600種テクノロジー株指数<.SX8P>は2.10%低下し、部門別で最も振るわなかった。銀行株指数<.SX7P>は1.69%低下した。

個別銘柄では世界最大のセメントメーカー、ハイデルベルグセメントが8.6%下落。米国での悪天候や、エネルギー費用が予想以上に上がっていることを理由に2018年の利益見通しを引き下げたことが嫌気された。

一方、フランスの小売り大手カルフールは9.3%上昇した。フランスとブラジル市場の売り上げが改善したことで、南欧市場の弱含みを打ち消し、第3・四半期の売り上げの伸びが加速した。

フランスの広告大手ピュブリシスは3.8%高だった。第3・四半期決算が好感された。

<ユーロ圏債券> イタリアとドイツの10年債利回り格差が5年半ぶりの大きさに広がった。欧州連合(EU)がイタリア政府の予算計画に対する圧力を強めているのが背景。

EU当局は、イタリア政府の来年度予算が財政規律に違反すると正式に警告する書簡を送る方針。これは予算案拒否に向けた手続きの第1段階で、イタリアへの制裁につながる可能性もある。

イタリアの拡張的な予算案を巡る懸念はここ数週間、イタリア国債の重しとなっており、この日は利回りが幅広く上昇。終盤には2年債利回りが22ベーシスポイント(bp)上げ、1.855%を付けた。

5年債利回りは19bp上昇し、5年ぶり水準となる3.15%。10債利回りは13bp上昇し、1週間ぶり水準の3.663%を付けた。

イタリアとドイツの10年債利回り格差は324bpに広がり、2013年4月以来の大きさとなった。

ナティクシスのストラテジスト、シリル・レグナット氏は「予算拒否につながる恐れがある今回のプロセスを始めれば、EUとイタリアの激しい議論が市場では予想されている」と述べた。

こうした中、イタリア政府は38億ユーロの2020年償還債を買い戻し、これに合わせ新たに5年債を発行した。

イタリア以外では、スペイン10年債利回りが8bp上昇し、1年ぶり水準となる1.74%。ドイツ10年債利回りは0.402%で、2週間ぶり低水準となった。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

日経平均は4日続伸、円安と米株高を好感 高値後は利

ビジネス

ロシュ、新型コロナ感染者向け試薬で米FDAの緊急使

ビジネス

台湾、外資ハイテク誘致で新制度 13億ドルの投資呼

ワールド

政府のコロナ対応、G7全体で信頼感低下 日本のみ上

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 3

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 4

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 5

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 8

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 9

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 10

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!