ニュース速報

ビジネス

焦点:中国が資本流出阻止へ「窓口指導」、元の不安定化も警戒

2018年10月13日(土)09時38分

 10月11日、中国当局が国内居住者による対外投資を制限する「窓口指導」に乗り出している。写真は2017年、人民元紙幣(2018年 ロイター/Thomas White)

[上海 11日 ロイター] - 中国当局が国内居住者による対外投資を制限する「窓口指導」に乗り出している。米中貿易摩擦の激化を背景に、資本流出と人民元の不安定化に神経をとがらせているもようだ。

貿易摩擦が火を噴いた3月以降、人民元は約10%下落したが、中国当局は相場下支えのための直接的で大規模な介入は控えている。

しかし当局は、本国投資家による対外投資のために開かれた数少ない経路に制限を加えるという、控え目な手法を講じている。

複数の関係筋によると、個人富裕層向けの海外投資の枠組みであるQDLP(適格国内有限責任組合)は、新規認可が棚上げとなっている。また機関投資家向けの海外投資の枠組みであるQDII(適格国内機関投資家)も過去3カ月間、投資枠の新規割り当てが実施されていない。

今のところ、2015─16年のような大規模な資本流出の兆しは見られず、こうした非公式の窓口指導は予防手段のようだ。

しかしアナリストは、当局を警戒させる要因には事欠かないと指摘する。

中国企業と個人投資家による海外への資金移動には強い制限がかけられたままとはいえ、上海と香港間の証券取引を可能にする接続制度が2015年から稼働したことで、外国人が上海市場にアクセスしやすくなっている。

中国が誇る貿易黒字も縮小している。

カリフォルニア大のビクター・シー准教授(政治経済学)の推計では、対米輸出が控え目に見積もって20%減少しただけでも、月間の貿易黒字は80億─100億ドル縮小し、約3分の2になる。昨年1360億ドルに上った海外からの直接投資も大幅に減る可能性がある。

直接投資に比べ、海外からの証券投資はずっと不安定で、あっさりと流れが逆転しかねない。中国国家外為管理局(SAFE)の直近データによると、第2・四半期末時点で中国の対外債務総額は5兆3000億ドルで、うち1兆1300億ドルが株や債券などの証券投資だった。

ドイツ銀行のG10・FX戦略グローバルヘッドのアラン・ラスキン氏は今週のノートで、人民元安が続けば「自己実現的な資本流出が起こり、制御不能になるとの懸念が高まりかねない」と言う。

カリフォルニア大のシー氏は、貿易戦争の影響を和らげる手段として人民元の切り下げは魅力的な選択肢だが「パニックを招き、人民元の制御が難しくなる恐れがある」と話した。

マコーリーのアナリスト、ラリー・フー氏も、当局は金融政策手段として元安を利用することを嫌がるとみる。2015─16年のような元切り下げと資本流出の悪循環は、中国人民銀行(中央銀行)が最も避けたい事態だからだ。その上中国は、世界における自らの役割を自認しており、通貨安戦争を仕掛けたと批判されることは望んでいない。

(Samuel Shen記者 Andrew Galbraith記者)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:移民の歌

2018-12・11号(12/ 4発売)

「移民」受け入れが議論される人手不足の日本でとなりに生きる外国人労働者たちの声を聴く

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 4

    カルロス・ゴーン逮捕に見る日本の司法制度の異常さ

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が倒産している

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    倒産する大学の4つの特徴:地方、小規模、名称変更、…

  • 8

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!