ニュース速報

ビジネス

中国ドル建て輸出、6月は前年比11.3%増 対米貿易黒字額は過去最高

2018å¹´07月13日(金)18時09分

 7月13日、中国税関総署が発表した6月の中国貿易統計によると、ドル建ての輸出は前年比で11.3%増加と予想を上回る伸びとなった。ドル建て輸入は14.1%増と、予想を下回った。写真は昨年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

[北京 13日 ロイター] - 中国税関総署が13日発表した6月の中国貿易統計によると、ドル建ての輸出は前年比で11.3%増加と予想を上回る伸びとなった。ドル建て輸入は14.1%増と、予想を下回った。

貿易黒字は416億1000万ドル。ロイターがまとめたアナリスト予想は276億1000万ドルだった。5月の黒字は249億2000万ドル。

ロイター調査によると、輸出は前年比10%増と予想されていた。5月は12.6%増加していた。

輸入は20.8%増へ鈍化するとみられていた。5月は26%増。

上期の輸出は前年比12.8%増、輸入は19.9%増だった。

中国の貿易は今年、国内外での需要に支えられ好調なスタートを切ったが、米国との貿易問題の深刻化により見通しは不透明になっている。

税関総署の黄頌平報道官は記者会見で、下半期の中国貿易は減速リスクに直面しているとしつつ、政府は困難に対処する能力があると述べた。

アナリストらは下半期に輸出の伸びが鈍化すると予想。債務問題を抱える中国経済にとって一段の重しとなりそうだ。

中国商務省は先月、国内の輸出業者が米国による対中関税適用を見込んで米国向けの出荷を前倒ししていると認めた。年末に向けて輸出の伸びがさらに鈍化する可能性がある。

キャピタル・エコノミクス(シンガポール)の中国担当シニアエコノミスト、ジュリアン・エバンスプリチャード氏はノートで「世界的に需要が幅広く軟化するのと同時に米国の関税が影響し始める中、輸出の伸びは向こう数カ月間に鈍化するだろう」と指摘。ただ、人民元安が一定の相殺効果を発揮するとの見方を示した。

ノムラのアナリストは顧客向けノートで「われわれは輸出の伸び鈍化が経常収支と人民元相場に対する下押し圧力になると見込んでおり、中国が将来開かれる米国との通商協議で譲歩しやすくなる可能性があると考えている」とした。

<6月の対米貿易黒字は289億7000万ドル>

中国の今年上半期(1─6月)の対米輸出は前年同期比13.6%増、米国からの輸入は11.8%増となった。

税関データを基にロイターが算出したところによると、6月の中国の対米貿易黒字は289億7000万ドルで、5月の245億8000万ドルから拡大した。

ロイターが公式データを2008年までさかのぼって算出したところによると、6月の対米貿易黒字額は単月としては過去最高となった。

1─6月の対米貿易黒字は1337億6000万ドル。前年同期の黒字額は約1175億1000万ドルだった。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 6

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』動員1000万人目前! 放…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 9

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 7

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 8

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!