ニュース速報

ビジネス

機械受注は3四半期連続増、見通しも大幅増 設備投資に期待感

2018年05月17日(木)11時56分

  5月17日、内閣府が発表した3月機械受注統計によると、1―3月期の受注額が前期比3.3%増と3四半期連続の増加となった。4─6月期見通しも同7.1%増と高い伸びとなっている。写真は2010年1月に川崎の工場で撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 17日 ロイター] - 内閣府が17日に発表した3月機械受注統計によると、1―3月期の受注額が前期比3.3%増と3四半期連続の増加となった。4─6月期見通しも同7.1%増と高い伸びとなっている。人手不足対応やIT化により機械受注には追い風が吹いており、設備投資の回復期待が強まっている。

3月単月の機械受注額(船舶・電力を除いた民需)は、前月比3.9%減の8566億円と、前年比では2.4%減だった。1、2月の伸びの反動が出た。

製造業は前月比17.5%減、非製造業は同2.2%増となった。外需は同7.2%減だった。

1─3月機械受注は前期比3.3%増で、3四半期連続の増加となった。期初に発表された内閣府の見通しは前期比マイナスだったが、結果はプラスで着地した。

特に製造業からの受注が見通しより強めとなった。電機や造船業、化学工業からの受注が伸び、製造業は4四半期連続増加となり、機械受注は本格回復となっている。

非製造業は17年中はほぼ横ばいの動きが続いてきたが、1─3月は同3.4%増と2四半期ぶりの増加となった。不動産や運輸業・郵便業など、人手不足に直面する業種が伸びており、人手不足に対応した省力化投資を進めているとみられる。

4─6月の機械受注見通しは前期比7.1%増と高めの伸びとなった。3月日銀短観などでも18年度設備投資計画はやや強めのスタートとなっており、「設備投資の回復は続く勢いがあり、当面、日本経済の牽引役となりそうだ」(大和証券)と期待感を示す調査機関もある。

ただ一方で「トランプ政権の保護主義的な政策には警戒が必要であるほか、地政学的リスクへの警戒感が高まれば再び円高圧力が高まる可能性もあるなど、先行き慎重に見極める必要がある」(農林中金総研)といった指摘もある。

*内容を追加しました。

(中川泉 )

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

財政緩んだユーロ圏債務国、市場から敬遠も=ECB金

ビジネス

正午のドルは109円半ば、リスク回避ムード一服

ワールド

米上院、マクウィリアムズ氏のFDIC総裁指名を承認

ビジネス

アングル:原油高に苦しむ米航空株、割安感と旅行需要

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 2

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者」がクルド人とシリアにもたらすもの

  • 3

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」 大物感漂う姿が話題 

  • 4

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 7

    米軍に解放されたISの人質が味わった地獄

  • 8

    トランプ「金正恩との会談、実現しない確率高い」 …

  • 9

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 10

    失踪中のドイツ人少女 ISISメンバーとしてイラクで…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 3

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者」がクルド人とシリアにもたらすもの

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 6

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 7

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

  • 8

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 9

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 10

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 4

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 5

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 6

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!