ニュース速報

ビジネス

インフレ押し上げへ十分な手段、責務遂行に決意と意欲=ECB総裁

2016年01月23日(土)01時18分

 1月22日、欧州中央銀行のドラギ総裁は、ECBはインフレ押し上げに向けた手段を十分有しており、責務を果たすために行動する決意と意欲があると表明した。写真はスイスのダボスで撮影で撮影(2016年 ロイター/Ruben Sprich)

[ダボス(スイス) 22日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は22日、ECBはインフレ押し上げに向けた手段を十分有しており、責務を果たすために行動する決意と意欲があると表明した。

世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で、「われわれには多くの手段があり、行動を起こし、これらの手段を用いる決意と意欲と能力がある」と語った。

ECBは前日の理事会で政策金利の据え置きを全会一致で決定。ただ理事会後の記者会見でドラギ総裁は金融市場の混乱や原油安、中国など新興国の経済減速を背景にユーロ圏経済への逆風が強まっているとして、3月の理事会で政策スタンスを見直す考えを表明した。

ドラギ総裁はこの日、年初から金融市場が大荒れとなっていることについて、「リスクに対しこれまでよりも神経質になっているのは確かだが、見通しが変化したと考えるのは時期尚早だ」とし、「少なくともわれわれは基本的に回復は緩やかなペースで継続していると見ている」と指摘、市場の動乱により世界的な景気見通しが悪化したと考えるのは早過ぎるとの考えを示した。

また、欧米の金融政策の方向性がかい離していることに対する懸念も一蹴。方向性のかい離の背景には欧米の景気回復サイクルが一致していないことがあるとし、「金融政策が異なるのはごく自然なことで、当面はかい離した状況が続く。これは正常なプロセスだ」と述べた。

ユーロ圏経済については、低金利政策と原油安が一部押し上げ要因となり回復しているとの認識を表明。各国政府の財政政策も「拡張的ではないまでもおおむね中立的」となり、景気支援に貢献していると述べた。

ドラギ総裁と同じパネルに出席したECBのクーレ専務理事は、ECBの量的緩和策(QE)は効果を発揮していると指摘。域内企業の平均資金調達コストはQE開始以降、80ベーシスポイント(bp)低下したとし、ユーロ圏の資本市場は「著しく改善した」との認識を示した。

*内容を追加して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

焦点:債券利回り上昇とユーロ高、ECBの出口脅かす

ビジネス

英金利、中銀見通しより速い上昇が必要の可能性=ハル

ビジネス

米国株は下落、FOMC議事要旨受け米国債利回り上昇

ビジネス

ドル上昇、FOMC議事要旨受け=NY市場

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    裁量労働制のどこがウソなのか?

  • 2

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の標的に

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 5

    「ビットコイン、通貨として失敗に終わった」=英国…

  • 6

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 7

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 8

    韓国の一般市民はどう思ってる? 平昌五輪「南北和…

  • 9

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 10

    中国で日本製ゲームアプリが大人気、「カエルをもっ…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 3

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習制度の闇

  • 4

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 5

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 6

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 7

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 8

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 9

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 10

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!