コラム

超能力でルーマニア大統領再選?

2010年01月26日(火)15時45分

 オバマ大統領は、08年大統領選で選対本部長を務めたデービッド・プラフを呼び戻した。今年の中間選挙に向けて内政を立て直すためだ。だがオバマが本当に共和党を混乱させたいのなら、ルーマニアの暗黒世界から学んだほうがいいかもしれない。


(ルーマニア大統領選で敗れた)ジョアナ元外相は先週のメディア各社とのインタビューで、昨年12月の決選投票直前に行われたテレビ討論の最中に「負のエネルギー」の波に襲われたと語った。決選投票は現職のバセスク大統領が勝利した。

 ジョアナはアンテナ3テレビで、「バセスク陣営のその分野の専門家たちがカメラの右側にいた」と証言。妻ミハエラは「彼はひどい攻撃を受けて集中できなかった」と語った。

 ルーマニア国民は当初、ジョアナは負け惜しみを言っているとあざ笑い、バセスクも一笑に付した。だが最近公表された写真で、著名な超心理学者アリオドル・マノレアが選挙期間中にバセスクのそばにいたことが分かったため、バセスクが対立候補に魔法をかけたのではないかとの疑念がわき上がっている。

 一連の写真によると、マノレア(リンク先の写真左端)は細身で丸顔にあごひげ、生え際が後退した丸刈り頭が特徴。テレビ討論の前にバセスクの後方を歩いていた。ルーマニア・トランスパーソナル心理学会によると、マノレアはマインドコントロールや予知、催眠術を専門としている。


 バセスク陣営はマノレアは選対会議に加わっていなかったと言うが、彼の関与を完全には否定しておらず、なぜバセスクと一緒に現れたかも説明していない。

 ひょっとしたらアメリカでも近いうちに、(中間選挙で接戦が伝えられる)アーレン・スペクター上院議員(民主)の後ろを、細身でひげの東欧人が歩いているところが目撃されるかもしれない。

──ジョシュア・キーティング
[米国東部時間2010年01月25日(月)17時39分更新]

Reprinted with permission from FP Passport, 26/1/2010. © 2010 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

プーチン大統領18日訪朝、24年ぶり 関係強化の動

ワールド

中国のEU産豚肉調査、スペインが交渉呼びかけ 「関

ワールド

パレスチナ自治政府、夏にも崩壊 状況深刻とノルウェ

ワールド

ロシア、拘束中のWSJ記者の交換で米国と接触=クレ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 4

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドン…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 7

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 8

    中国経済がはまる「日本型デフレ」の泥沼...消費心理…

  • 9

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 10

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story