コラム

泉田新潟県知事はなぜ原発の安全審査に反対するのか

2013年08月06日(火)21時31分

 新潟県の柏崎刈羽原子力発電所について、東京電力が原子力規制委員会の安全審査を受けることについて、地元の柏崎市と刈羽村は了承する方針を決めた。東電は新しい安全基準に合わせる工事を進めているが、新潟県の泉田知事は安全審査に反対して設備工事の申請書の受け取りを拒否している。

 泉田知事は「県と東電との合意がない」と言っているが、原子力行政は国の所管であり、県に許認可権はない。彼は新基準で新たに設置が義務づけられたフィルター付ベントの設計を問題にしているが、これは高度に技術的な問題であり、素人の知事が設計がいいとか悪いとか判断できる問題ではない。それを審査するのが規制委の仕事である。

 こんな調子でいろいろな関係者が反対したら収拾がつかないから、原子炉等規制法などでルールが決まっている。地元の合意が必要なのは立地のときだけで、それ以後の運用はすべて国の所管である。地元との安全協定は単なる紳士協定で、法的拘束力はない。東電は安全審査を申請する方針を取締役会で決め、8日にも申請する構えだ。

 泉田氏は経済産業省の元官僚だから、県が許認可権をもっていないことぐらい知っているはずだ。それなのに「安全審査を申請するな」と東電の経営に介入するのは、違法な行政指導である。規制委の田中委員長も手を焼いて「他の自治体の首長が納得している中、泉田氏はかなり個性的な発言をしている」と言っているが、これは彼のわがままに対する皮肉だろう。

 こういう状況をまねいたのは、2011年5月に、菅首相(当時)が中部電力の浜岡原発を停止しろという法的根拠のない「お願い」をしたことが発端だ。そのあと定期検査を終えた九州電力の玄海原発についても、経産相が再稼働を了解したのに首相が「再稼働を認めない」と言ったため、全国の原発が定期検査後も運転できなくなった。

 といっても、再稼働を禁止する省令や閣議決定が出たわけではない。そんな命令を出す法的根拠がないからだ。この2年以上の間に、原発の再稼働について出されたのは、2011年7月の「ストレステストを行なうことが望ましい」という非公式のメモだけだ。それを受けて多くの原発がストレステストをやって合格した。

 それなのに、いまだに全国の52基の原発が止まっているのはなぜだろうか? 電力会社が役所やマスコミの「空気」を読んで止めているためだ。経産省がストレステストの結果報告を受理しないため、手続きが進まない。行政訴訟を起こせば電力会社が勝つことは確実だが、電力会社は出さない。拙著『「空気」の構造』でも書いたように、日本は法律より「空気」の拘束力のほうが強い国なのだ。

 泉田氏は、原発の再稼働にも反対している。その理由は「福島第一原発事故の検証が終わっていないから」というのだが、政府と国会の事故調査委員会が最終報告を出して原因を究明し、国連などの調査も終わった今、何を検証するのか。これは何の具体的内容もない「反対のための反対」といわざるをえない。

 こうしている間にも、原発の穴を埋めるために原油やLNG(液化天然ガス)の輸入が増え、今年は貿易赤字が3兆8000億円も増えると推定されている。火力発電所で毎日100億円ずつ燃やしているようなものだ。これはGDP(国内総生産)の0.8%近くにあたる。これから電気代にはね返ると、日本経済への影響も大きい。

 特に柏崎刈羽(出力820万kW)は、東電の電力の12%を占める世界最大の原発だ。今回の東電の値上げ幅(家庭用で8.5%)は柏崎を稼働するという前提で算出されているので、これが止まったままだとさらに値上げが必要になる。業務用では2割近い値上げになり、関東地方から製造業は逃げ出すだろう。

 いずれにせよ安全審査は、原発を安全にする手続きだ。それにあれこれ理由をつけて反対する泉田知事は、安全にしたくないのだろうか。彼は被災地の瓦礫の搬入を「殺人に近い」と罵倒した反原発派だから、原発をゼロにするためには危険なままのほうがいいと思っているのかもしれない。しかし彼のわがままのコストは、そのうち大幅な電気代の値上げとして電力利用者に回ってくるのである。

プロフィール

池田信夫

経済学者。1953年、京都府生まれ。東京大学経済学部を卒業後、NHK入社。93年に退職後、国際大学GLOCOM教授、経済産業研究所上席研究員などを経て、現在は株式会社アゴラ研究所所長。学術博士(慶應義塾大学)。著書に『アベノミクスの幻想』、『「空気」の構造』、共著に『なぜ世界は不況に陥ったのか』など。池田信夫blogのほか、言論サイトアゴラを主宰。

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 8

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 9

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 10

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 5

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!