コラム

NASA、中国、UAE... 2021年が「火星探査ブーム」なワケ

2021年10月19日(火)11時35分

akane211019_mars2.jpg

初走行に成功した探査車「パーシビアランス」から撮影された火星地表(2021年3月4日) NASA/JPL-Caltech

さらに9月1日、パーシビアランスは35億年前に湖だったと考えられるクレーターの岩石から直接、火星表面のサンプル採取に成功しました。

これまでも、地球で見つかった隕石に含まれている希ガスの組成が、1970年代のバイキング計画で得られた火星の大気組成と似ていることから、火星由来だとされる隕石はありました。けれど、隕石は地球大気圏に突入する時に表面が数千℃以上になるため、生命の痕跡は分かりませんでした。

パーシビアランスが採取した「生の」サンプルは、別の探査機が回収して早ければ2031年に地球に持ち帰る予定です。サンプルを採取した岩石には長期間にわたって地下水と接していた跡が見つかっており、このサンプルを分析すれば、人類史上初めて「地球外生命の痕跡」が見つかるのではないかと期待されています。

UAE初の地球外ミッション

いっぽう、中国の火星探査車「祝融」は5月15日、火星着陸に成功しました。中国は2011年から火星探査にチャレンジしていますが、今回が初成功です。これで中国は、旧ソビエト連邦、アメリカに次いで、火星着陸に成功した3番目の国となりました。「祝融」は、地表から写真を撮影し、地表成分、磁場、気象などに関するデータを観測して、8月17日に予定のミッションを終了し、引き続き調査を続けることになりました。

もっとも、9月中旬から10月末にかけては、地球と火星間の通信を妨げる荷電粒子が太陽コロナから放出されるため、通信に障害が起きる可能性があります。探査機側から地球に送られるデータが破損する恐れもありますが、それ以上に、地球から探査機へのコマンドが損なわれると誤作動を起こしてしまうかもしれません。そのため、現在は祝融もNASAの探査機もセーフモードに入っています。

UAEは火星探査だけでなく、地球外ミッションへの初チャレンジです。ホープは2020年7月20日、日本のH-IIAロケットに搭載され、種子島宇宙センターから打ち上げられました。今年2月9日(日本時間10日)に火星周回軌道に投入できて、火星を回りながらデータを集めています。火星探査は、UAEの建国50周年(2021年)記念であるともに、2117年までに火星に都市を建設すると主張する同国の威信をかけたミッションでもあります。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト/博士(理学)・獣医師。東京生まれ。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専修卒業、東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程修了。朝日新聞記者、大学教員などを経て第 24 回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。小説に『馬疫』(2021 年、光文社)、ノンフィクションに『地球にじいろ図鑑』(2023年、化学同人)がある。分担執筆に『ニュートリノ』(2003 年、東京大学出版会)、『科学ジャーナリストの手法』(2007 年、化学同人)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:香港へ向かう中国富裕層マネー、制度緩和で

ワールド

焦点:ロシアに今も溢れるナイキやレゴ、背後にグレー

ビジネス

NY外為市場=ドル/円8週間ぶり高値、米PMI受け

ワールド

イスラエル、ガザ全域で攻勢 45人死亡 ラファ攻撃
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 2

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『アコライト』を失速させてしまった「伝説」の呪縛

  • 3

    電気自動車「過剰生産」で対立するG7と中国──その影にジンバブエのリチウム鉱山開発ブーム、現地でいま何が?

  • 4

    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…

  • 5

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    なぜ保険料を払っていない「主婦」への年金はなくな…

  • 8

    都知事選、蓮舫候補の「二重国籍」問題の事実関係を…

  • 9

    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由

  • 10

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 4

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story