コラム

マクロンとルペンの決戦につきまとうプーチンとウクライナ戦争の影

2022年04月11日(月)14時23分

ルペン善戦?

そうとは言い切れないのは、ルペンが2017年以降イメージチェンジし、ヴァージョンアップしたからだ。

ルペンは、前回の敗北を受けて、戦略を経済・生活重視路線にシフトし、購買力向上や減税など大衆受けする政策を練り上げた。反EUの主張は抑え気味にし、EU離脱やユーロ離脱といった過激な主張は封印した。こうしたソフトで現実主義的なアプローチは、じわじわと国民の間に浸透してきた。

逆にそのことが右翼支持基盤の分裂と一部離反を招き、最右翼(極右)ゼムールの台頭を許してしまったが、結果としては右翼勢力全体の膨張をもたらした。ゼムールとルペンのいずれが決選投票に残るにせよ、右翼の潜在的集票能力は、着実に高まっていたのだ。

そのゼムールが第1回投票で敗退した以上、ゼムールに流れた右翼票の大半(世論調査によれば8割以上)は第2回投票でルペンに戻ると推定される。

こうして結局、ルペン善戦の流れが強まってきた、...はずであった。

ウクライナ戦争の影響

その流れに竿をさしたのが、ウクライナ戦争の勃発だ。いわゆる国旗効果(旗下集結効果)で一気にマクロン支持が盛り返したのだ。

一方のルペンは、過去にプーチンとクレムリンで面談したり、政治資金をロシアの銀行から調達したりという遍歴が災いして、支持率を下げた。それだけでなくルペンは、ロシアによるウクライナ侵攻直前まで、ロシアによるクリミア併合を認め、ウクライナのNATO加盟にも反対していたのだ。

RTX32JDI.JPG

クレムリンにおけるルペンとプーチンの面談(2017年3月、モスクワ)Sputnik/Mikhail Klimentyev/Kremlin via REUTERS

さすがに、戦争勃発後はロシア批判に転じているが、それでも「戦争終結後のロシアはフランスの同志国であることに変わりはない」と明言したり、こういうことがあり得るからこそ、フランスは自立した自前の国防体制を再確立しなければならないと強弁し、NATOから距離を置くことの必要性を改めて強調したりしている。

二つのナショナリズムとの両面作戦

こうしたルペンとプーチンとのシナジーの根っこにあるのは、プーチンのロシア・ナショナリズムとフランスなどの反EUナショナリズムとの近似性・親和性である。共通項は、民族中心の国民国家志向、ポストモダンのリベラル的価値観への反発、欧米メディア嫌いなどで、それが両者の間に暗黙の同盟関係を築いていると言ってもいいだろう。

かくしてマクロンは、いみじくもルペンのフランス・ナショナリズムとプーチンのロシア・ナショナリズム双方を相手とする両面作戦を戦っているのだ。それは、広くヨーロッパに蔓延しつつある排他的ナショナリズムとの戦いでもある。ウクライナ問題を巡るマクロンのプーチンとの仲介外交も、その延長線上にある。

プロフィール

山田文比古

名古屋外国語大学教授。専門は、フランス政治外交論、現代外交論。30年近くに及ぶ外務省勤務を経て、2008年より東京外国語大学教授、2019年より現職。外務省では長くフランスとヨーロッパを担当(欧州局西欧第一課長、在フランス大使館公使など)。主著に、『フランスの外交力』(集英社新書、2005年)、『外交とは何か』(法律文化社、2015年)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:メダリストも導入、広がる糖尿病用血糖モニ

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 4

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 5

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 6

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 9

    ロシア軍の拠点に、ウクライナ軍FPVドローンが突入..…

  • 10

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story