最新記事
追悼

「鳥山明ワールド」は永遠に...世界を魅了した漫画家の「早すぎる死」から政府は何を学べるか

TORIYAMA AND SOFT POWER

2024年4月25日(木)12時11分
トム・リー(米ポモナ大学准教授〔政治学〕)
ペルーにある鳥山明を追悼する壁画

ペルーでは鳥山の死を悼む巨大壁画が CARLOS GARCIA GRANTHON-FOTOHOLICA PRESS-LIGHTROCKET/GETTY IMAGES

<キャラクターとストーリーで世界中を魅了。ソフトパワーを見せつけた男が遺したもの>

3月8日、漫画家の鳥山明が同月1日に死去していたことが明らかになった。『Dr.スランプ』『ドラゴンボール』など人気シリーズの生みの親の訃報に、世界中が深い悲しみに沈んだ。

エマニュエル・マクロン仏大統領や中国外務省の毛寧(マオ・ニン)副報道局長ら各国の首脳や高官も哀悼の意を表明。ファンはオンラインゲームの中で、あるいは現実の世界で追悼集会を開いて祈りをささげた。

3月10日の山崎貴監督の『ゴジラ-1.0』と宮崎駿監督の『君たちはどう生きるか』のアカデミー賞受賞や、ネットフリックスでの『ONE PIECE』実写化の成功に加え、鳥山への称賛の嵐が巻き起こったことで、こうした日本のポップカルチャーに対する賛辞を政府の数十年に及ぶクールジャパン戦略のたまものと勘違いする向きもあるかもしれない。

だが鳥山の死に対する反応は、文化外交の成功が結局は良質な物語を生み出すクリエーターやアーティストの肩にかかっていることを明らかにするはずだ。

鳥山のドラゴンボールシリーズは数々のアニメ、映画、ビデオゲーム、関連商品を生み、現代日本のポップカルチャーの基盤となってきた。『ONE PIECE』や『NARUTO -ナルト-』など他の有名漫画家の作品にも影響を与えている。

鳥山は『ドラゴンクエスト』『クロノ・トリガー』など、名作ゲームシリーズのキャラクターデザインも手がけた。つまり、ドラゴンボールは世界に打って出る前から、国内でポップカルチャーの豊かで多様な環境を育んでいたわけだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ニデック、350億円の自己株取得枠 発行済み株式の

ビジネス

午後3時のドルは157円前半、3週ぶり高値圏で底堅

ビジネス

日経平均は反落、一時700円超安 米利下げ観測後退

ワールド

英総選挙、野党のリードが小幅に拡大 投票日決定後初
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 2

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレドニアで非常事態が宣言されたか

  • 3

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」...ウクライナのドローンが突っ込む瞬間とみられる劇的映像

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 6

    韓国は「移民国家」に向かうのか?

  • 7

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 8

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 9

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 10

    国公立大学の学費増を家庭に求めるのは筋違い

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 6

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 7

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 8

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中