最新記事
ジェンダー

日本の女子の理科学力は、思春期になると男子より低くなる

2023年12月6日(水)11時15分
舞田敏彦(教育社会学者)
科学の実験をする子どもたち

思春期に女子生徒が理数教科の勉強から遠のいていくその背景は…… Rawpixel.com/Shutterstock

<理科が得意な女子に対して周囲がネガティブな反応をすることが原因か>

日本は理系の分野に進む女子が少ない。これは以前から問題視されていて、国策として「リケジョ」を増やす方針が示されている。

しかし、こうも言われる。男子と女子では理数教科の出来が違うし、そもそも女子は理系職を志望しない。これは自然なことで、仕方ないのではないか。果ては「理数教科は男子の方ができて当たり前、脳のつくりが違うから」とまで言われたりする。

だが、理数系の学力が「男子>女子」というのは普遍的ではない。それが分かる調査データは数多いが、IEA(国際教育到達度評価学会)の国際理科学力調査「TIMSS 2019」の結果を見てみる。文科省の調査レポートでは、小4と中2の理科平均点が国別に出ているが、元の資料から男女別の数値も分かる。<表1>は、日本を含む主要7カ国のデータだ。

data231206-chart01.png


男女の平均点と、女子が男子より何点高いかが示されている。小4を見ると、男子より女子の平均点が高い国が多い。日本もそうで男子が559点、女子が565点と、女子の方が高くなっている。

中学生になるとこれは逆転し、日本の中2では男子が女子より10点高くなる。以後、発達段階を上がるにつれ、理科学力が「男子>女子」の傾向が固定する。OECDの学力調査「PISA」の対象は15歳生徒(高1)だが、どの年でも科学的リテラシーの平均点は男子が女子より高い。

押さえたいのは、理科平均点が「男子>女子」というのは思春期以降ということだ。進路を意識し始めるようになるに伴い、理科ができる女子が変わり者扱いされ、「女子が理系に進んでもいいことない」などと、周囲からネガティブなジェンダーメッセージを発せられることもあるだろう。その結果、女子は理数教科の勉強から遠のいていく。

それはほかの国も同じ、ということではなさそうだ。<表1>を見ると、アメリカは小4では「男子>女子」だが、中学校になると逆転する。北欧のスウェーデン、フィンランドでは小4から「男子<女子」で、中2になるとそれがより顕著になる。思春期のジェンダー的社会化は国によって異なる。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

エアバスに偏らず機材調達、ボーイングとの関係変わら

ビジネス

独IFO業況指数、4月は予想上回り3カ月連続改善 

ワールド

イラン大統領、16年ぶりにスリランカ訪問 「関係強

ワールド

イランとパキスタン、国連安保理にイスラエルに対する
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の「爆弾発言」が怖すぎる

  • 4

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 5

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 6

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 7

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 8

    「なんという爆発...」ウクライナの大規模ドローン攻…

  • 9

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 10

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 7

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 8

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 9

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 10

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中