最新記事
ジェンダー

日本の女子の理科学力は、思春期になると男子より低くなる

2023年12月6日(水)11時15分
舞田敏彦(教育社会学者)
科学の実験をする子どもたち

思春期に女子生徒が理数教科の勉強から遠のいていくその背景は…… Rawpixel.com/Shutterstock

<理科が得意な女子に対して周囲がネガティブな反応をすることが原因か>

日本は理系の分野に進む女子が少ない。これは以前から問題視されていて、国策として「リケジョ」を増やす方針が示されている。

しかし、こうも言われる。男子と女子では理数教科の出来が違うし、そもそも女子は理系職を志望しない。これは自然なことで、仕方ないのではないか。果ては「理数教科は男子の方ができて当たり前、脳のつくりが違うから」とまで言われたりする。

だが、理数系の学力が「男子>女子」というのは普遍的ではない。それが分かる調査データは数多いが、IEA(国際教育到達度評価学会)の国際理科学力調査「TIMSS 2019」の結果を見てみる。文科省の調査レポートでは、小4と中2の理科平均点が国別に出ているが、元の資料から男女別の数値も分かる。<表1>は、日本を含む主要7カ国のデータだ。

data231206-chart01.png


男女の平均点と、女子が男子より何点高いかが示されている。小4を見ると、男子より女子の平均点が高い国が多い。日本もそうで男子が559点、女子が565点と、女子の方が高くなっている。

中学生になるとこれは逆転し、日本の中2では男子が女子より10点高くなる。以後、発達段階を上がるにつれ、理科学力が「男子>女子」の傾向が固定する。OECDの学力調査「PISA」の対象は15歳生徒(高1)だが、どの年でも科学的リテラシーの平均点は男子が女子より高い。

押さえたいのは、理科平均点が「男子>女子」というのは思春期以降ということだ。進路を意識し始めるようになるに伴い、理科ができる女子が変わり者扱いされ、「女子が理系に進んでもいいことない」などと、周囲からネガティブなジェンダーメッセージを発せられることもあるだろう。その結果、女子は理数教科の勉強から遠のいていく。

それはほかの国も同じ、ということではなさそうだ。<表1>を見ると、アメリカは小4では「男子>女子」だが、中学校になると逆転する。北欧のスウェーデン、フィンランドでは小4から「男子<女子」で、中2になるとそれがより顕著になる。思春期のジェンダー的社会化は国によって異なる。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

岸田首相、資産運用特区「創設に向け加速」 投資家イ

ビジネス

英財政赤字、4月は予想上回る 対GDP比で60年代

ワールド

ノルウェーなど3カ国、パレスチナ国家承認 イスラエ

ビジネス

アングル:日銀、国債買い入れ減の裏に需給の変化 5
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 5

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 6

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 7

    服着てる? ブルックス・ネイダーの「ほぼ丸見え」ネ…

  • 8

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「韓国は詐欺大国」の事情とは

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中