最新記事
習近平

「軍拡」習近平が苦しむコロナの悪夢...あえて物騒な行動を取る納得の理由

XI’S SWORD OF DAMOCLES

2023年6月26日(月)12時30分
練乙錚(リアン・イーゼン、経済学者)
習近平

虚勢の裏に(写真は北京の中国人民革命軍事博物館) FLORENCE LO-REUTERS

<中国は、1980年代後半の旧ソ連と同じような窮地に追い込まれる>

ここ最近、中国は東アジアで広く軍事力を見せつけ、近隣諸国を怯えさせ、友好的になりそうだった国々を遠ざけている。一方で、中国経済には人口動態の悪化や不良債権の増加など構造的な問題がのしかかり、新型コロナウイルスのパンデミックの打撃から回復しようと悪戦苦闘している。

台湾を侵略すればアメリカと日本を巻き込んだ全面戦争になりかねないことも、中国がおとなしくしていればアメリカはコストのかかる危険な衝突を仕掛けてこないことも、習近平(シー・チンピン)国家主席は十分に承知している。それなのになぜ、あえて物騒な行動を取るのか。

答えは、不安でたまらないからだ。

国際世論は先進国も途上国も中国への反発を強めている。主な理由は世界で何百万人もの命を奪い、その100倍以上の人々を苦しめてきた新型コロナだ。英タイムズ紙は6月10日の調査報道で、新たに解読された証拠を基に、この強力なウイルスが中国の生物兵器研究プログラムから最初に流出したという判断は、合理的かつ科学的に疑いの余地がないと強調している。

国際社会の反発が中国に新型コロナの賠償を求める声に転じれば、「八カ国連合軍」以来の危機が到来するかもしれない。1900年、義和団の乱の最中に包囲された北京の公使館地区の解放を理由に、列強8カ国の連合軍が侵攻した。和議交渉で清朝は巨額の賠償金を背負い、求心力を失って1912年に滅亡した。

実際、2020年半ばに中国に賠償を求める動きが出始めたとき、中国メディアは八カ国連合軍の再現だと批判した。

今年3月にトランプ前米大統領は、中国にパンデミックの責任を取らせるという20年の大統領選での公約を、再び持ち出した。賠償金の概算は60兆ドル。中国のGDPの4倍近くに相当する。根っからのビジネスマンであるトランプは、新型コロナへの報復は中国に対する最も低コストなゲームチェンジャーであり、世界からの支持を利用できると分かっている。

習は中国に迫る詳細不明の存亡の危機について、いかにも恐ろしげに繰り返している。21年7月の演説では、中国を「いじめようとする外国勢力」に対して「頭破血流(頭をぶつけて血を流すことになる)」と警告した。

22年11月には中国軍に、安全保障がますます不安定になるなかで「戦争の準備に専念」するよう命じた。今年5月には「極限思維(最大限の備えをする考え)」を堅持せよ、「強風や波立つ海、危険な嵐」にも耐えられるよう準備せよとげきを飛ばした。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

EUの対中関税は「罰」ではない=独経済相

ワールド

中銀総裁が交代すればブラジルは「正常に戻る」=ルラ

ビジネス

米、対中ハイテク投資規制案を公表 AIなど 国家安

ビジネス

アングル:香港へ向かう中国富裕層マネー、制度緩和で
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 2

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『アコライト』を失速させてしまった「伝説」の呪縛

  • 3

    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪華ドレスと「不釣り合い」な足元が話題に

  • 4

    電気自動車「過剰生産」で対立するG7と中国──その影…

  • 5

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 6

    都知事選、蓮舫候補の「二重国籍」問題の事実関係を…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    なぜ保険料を払っていない「主婦」への年金はなくな…

  • 9

    北朝鮮を訪問したプーチン、金正恩の隣で「ものすご…

  • 10

    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由

  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…

  • 9

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中