最新記事

「まだ出てくる! げげ〜」キツツキが、家の壁に300キロのどんぐりを溜め込んだ

2023年2月24日(金)11時40分
青葉やまと

ドングリキツツキ Steve Cukrov- shutterstock

<カリフォルニアの害虫駆除業者が壁の床付近に穴を開けたところ、数千個のどんぐりが音を立ててあふれ出し、あっというまに床の一角を覆うほどの量になった......>

アメリカの住宅で、壁の内側から700ポンド(約317キロ)にもなる大量のどんぐりが発見された。キツツキが食料として溜め込んでいたものだという。

尋常でない量のどんぐりを掘り当てたのは、害虫駆除業者のニック・カストロさんだ。カリフォルニア州サンタローザの顧客宅を点検に訪れたところ、壁の中に何かが詰め込まれていることに気づいた。

この壁の床付近に穴を開けたところ、数千個のどんぐりが音を立ててあふれ出し、あっというまに床の一角を覆うほどの量になった。カストロさんが社のFacebookに投稿した写真には、作業中に増え続ける圧倒的な数のどんぐりが収められている。

>>■■【画像】「あれ?」「ええ?」「げげ〜!」家の壁にぎっしり詰まったどんぐり、その量300キロ

「終わりが見えない」笑える量のどんぐり

米公共放送のNPRによると、カストロさんは地元紙に対し、「壁からドングリを引き抜きましたが、抜けば抜くほどその数は増えていきました。終わりが見えないと感じたほどでした」と当時の体験を振り返っている。

同局がInstagramで公開した動画では、カストロさんが「どうかしてる!」と思わず笑い混じりのため息をつきながら、作業手袋をはめた片手を壁の穴に突っ込み、懸命にどんぐりを掻き出す様子が収められている。

手前にはすでに山のようなどんぐりが積まれているが、壁の奥からはザラザラと音を立てて次から次へと新たなどんぐりが押し寄せ、まるで際限なく湧き出てくるかのようだ。

数年かけて溜め込んだ

カストロさんは昨年12月、この家で小さな虫が出るとの相談を受けて調査を行っていたところ、溜め込まれたどんぐりの発見に至ったという。

カストロさんの見立てでは1組のつがいのキツツキが食料として隠していたものであり、少なくとも2〜3年にわたってこの壁に継続的に蓄えていた可能性があるようだ。

残念ながらどんぐりは断熱材のガラス繊維やネズミの糞などで汚染されていたため、エサやおもちゃとして有効活用されることはなく、そのまま処分されるに至った。

>>■■【画像】「あれ?」「ええ?」「げげ〜!」家の壁にぎっしり詰まったどんぐり、その量300キロ

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら

ビジネス

米国株式市場=ナスダック5日連続で最高値更新、アド
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名が海水浴中に手足を失う重症【衝撃現場の動画付き】

  • 3

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 4

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 5

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 6

    国立新美術館『CLAMP展』 入場チケット5組10名様プレ…

  • 7

    「これが野生だ...」ワニがサメを捕食...カメラがと…

  • 8

    ウクライナ軍がロシアのSu-25戦闘機を撃墜...ドネツ…

  • 9

    この10年で日本人の生活苦はより深刻化している

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中