最新記事

宗教

「地獄に落ちる」と脅され続けた──宗教2世1131名に聞いた、心理的虐待の実情

2022年11月25日(金)19時00分
荻上チキ(評論家、社会調査支援機構「チキラボ」代表)

要望書を提出し、会見で虐待の実態を発信する2世当事者たち 提供元:http://Change.org

<恐怖を煽り、自尊心を傷つける宗教的な声がけについて、「虐待防止の観点から議論することが必要」と荻上チキ氏は言う。同氏が代表を務める社会調査支援機構チキラボが宗教2世1131名を対象に行った調査には、具体的な虐待体験が数多く寄せられた>

11月は「児童虐待防止推進月間」となっている。虐待は、子どもの成長と人格形成に深刻な影響を与える。厚労省を中心にさまざまなキャンペーンが行われている。他方で、いま問題となっている宗教2世の問題改善に欠かせない「宗教的虐待」をめぐる法改正の議論について、政府の歩みは遅いままだ。

宗教2世当事者の有志らは、10月の段階から法改正の要望書を提出している。そこでは、児童虐待防止法の改正を求めるとともに、具体的な改善点がいくつも要望されていた。

・恐怖による行動の制限・強要を心理的虐待として扱うこと
・武道への参加禁止など、児童が教育を受ける機会を著しく妨げる行為を教育ネグレクトとして扱うこと
・児童の発達に必要な経済力を有する義務の放棄を経済ネグレクトとして扱うこと
・他者に虐待行為を行うよう誘導・指導する行為を刑事罰化すること
・宗教2世等、特殊な事情背景をもつ児童を救済するための対応マニュアルを整備すること
・児童相談所や子どもシェルター等の支援機関への予算拡充

これらの要望は、いずれも2世当事者から出されたものであるだけに、被害の実相を反映したものとなっている。このうち、「恐怖による行動の制限」といった心理的虐待とはどういうものなのだろうか。

「見捨てられ不安」を利用し、帰属を求める

一般的に心理的虐待とは、例えば「大声や脅しなどで恐怖を与える」「無視したり拒絶的な態度をとる」「自尊心を傷つける言葉を繰り返し使う」「兄弟間で差別的な扱いをする」といったものを指す。では、心理的虐待と、宗教2世体験とは、どのように関わりうるのだろう。

niseibookthumbnail_obi.jpgまず多くの宗教2世は、物心がついた頃から「信者」とされ、宗教行事などへの参加や、祈りの時間の確保などを求められる。また、「神様が見ているからね」「読経を頑張ったら報われるからね」といったような、さまざまな「宗教的声がけ」を、親や信者たちから繰り返される。

もちろん、2世当事者がその世界観に納得していたり、行事参加などに合意し、精神的な健康も確保されているのであれば良いだろう。だが、なかには恐怖心や罪悪感を与えたり、家族や神からの「見捨てられ不安」を利用したりすることで、特定宗教への帰属を求めるものも珍しくない。

宗教を口実に、さまざまな虐待をされることもある。心理的虐待の場合、例えば「大学に落ちたのは信心が足りないからだ」「お前の祈りが足りないせいで家族が不幸になった」といった具合である。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米欧のウクライナ武器支援、ロシア国防相が事態エスカ

ビジネス

EUが「永遠に残る化学物質」禁止案、業界に代替物確

ビジネス

中国の高級品市場、昨年10%縮小 今年は回復へ=調

ビジネス

訂正(会社側の申し出)ソフトバンクG、10─12月

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月