最新記事

国際貢献

国際協力の業界は若者が少ないから──2つの世界をつなぐ伝道師:田才諒哉【世界に貢献する日本人】

2022年1月4日(火)17時50分
森田優介(本誌記者)
田才諒哉

現在はササカワ・アフリカ財団に所属し、エチオピア(写真)など4カ国で農業支援に携わる田才諒哉(右) COURTESY RYOYA TASAI

<国際協力の「現場」と「裏方」、オフラインとオンラインの両方を行き来してきた――。国際協力を議論するコミュニティーを立ち上げ、国際協力NGOを支援するNGO「JANIC」の最年少理事も務める29歳が抱く危機感>

会員は20~30代を中心に、現在171人。

NPO・NGOの現役職員から、人道支援に関心を持つ学生や社会人まで、さまざまな組織に属する日本人が集い、国際協力について語り合う。ゲストを招いたオンラインの勉強会だけでなく、タンザニアへのスタディーツアーや東京・原宿で環境問題を訴えるアートイベントを実施したこともある。

国際協力サロン」――ネット上の会員制コミュニティーであるオンラインサロンのひとつだ。会員は全員日本人なのに、一時期は28カ国にも散らばっていたという異色のオンラインサロンである。

そもそも、2018年10月にこのサロンをつくった人物が、日本にいなかった。

田才諒哉、29歳。当時は日本の医療支援NPO、ロシナンテスの職員として1年間のスーダン駐在を終え、開発学で世界最高峰の英サセックス大学大学院に進学した直後だった。どこにそんなエネルギーと余裕があったのだろう。

「英語でのアカデミックな経験は初めてで、確かに大変だったけれど、だからこそ息抜きの場がないときついと思った」と、田才は言う。「それで、母国語で国際協力の議論をできるサロンをつくった。オンラインだから、べつに大したことじゃないんです」

国際協力の「現場」と「裏方」、オフラインとオンラインの両方を経験し、境界を軽々と越えて行き来してきたのが田才だ。国際協力という、ある意味で古い業界に新風を吹き込もうとしてきた。

パラグアイで人生が変わる体験――「今でも言語化できない」

新潟県で生まれ育ち、横浜国立大学に入学した田才は、2年生になると、パラグアイにおける農村女性の生活改善の研究と実践で名高い藤掛洋子の研究室に入った。

しかし、当初は「国際協力への関心はゼロ」で、仲のいい友人についていっただけ。「どのゼミでもよかったのが正直なところ」だという。

田才の人生を変えた体験は、3年生の夏休みに大学のプログラムで1カ月間、藤掛の引率によりパラグアイに行ったこと。農村で世帯調査やワークショップを行った。渡航前に学生たちで資金集めをし、現地で学校を建設するという目的もあった。

「論文を読んだり授業を受けたりと勉強をしてきて、途上国では教育を受けられない子供たちがいると、ありきたりの情報をうのみにしていた」と、田才は振り返る。「でも行ってみると、想像していたほどは貧しいという印象を受けなかった。現場に行かないと分からないことがたくさんあると学んだ」

とはいえ、女性の地位が低いなど構造的な問題があることも知った。また、教育のほかにやるべきことが多く、学校というインフラを作ればそれでいいわけではない、ということも。

田才ら学生たちは藤掛と徹夜で議論し、「学校を建設しない」という結論を出す。翌朝、村の住民にそれを伝えると、期待していた人たちから強い反発があった。「国際協力の難しい部分を知った。あの経験は今でもうまく言語化できない」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

エアバス、納入機数など主要目標を下方修正 宇宙事業

ワールド

米、人身売買報告書でベトナム格上げ 懸念も指摘

ワールド

インド、10四半期ぶり経常黒字 1―3月期にサービ

ワールド

米国務長官、イスラエル国防相と会談 ガザ戦後計画を
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:小池百合子の最終章
特集:小池百合子の最終章
2024年7月 2日号(6/25発売)

「大衆の敵」をつくり出し「ワンフレーズ」で局面を変える小池百合子の力の源泉と日和見政治の限界

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    韓国、リチウム電池工場で爆発事故 火災により22名が死亡、1人行方不明
  • 2
    ワニの襲撃で男性が腕を失う...発見者が目撃した衝撃の光景
  • 3
    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている
  • 4
    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由
  • 5
    貨物コンテナを蜂の巣のように改造した自爆ドローン…
  • 6
    登山者を悩ませる「ヒル」、実はジャンプできると判…
  • 7
    「観光客は家に帰れ!」 バルセロナ市民がオーバーツ…
  • 8
    「隣は嫌だ!」「入口に陣取る」...理想的な「管理職…
  • 9
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 10
    キャサリン妃の母親が見舞われた「ピンチ」の瞬間...…
  • 1
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会
  • 2
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 3
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒
  • 4
    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…
  • 5
    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…
  • 6
    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…
  • 7
    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…
  • 8
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 9
    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に
  • 2
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア
  • 3
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間
  • 4
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 5
    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…
  • 8
    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…
  • 9
    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 10
    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中