最新記事

NBA

元マイクロソフトのスティーブ・バルマーが、NBAオーナーとしておおはしゃぎ

2019年7月31日(水)18時40分
坂和敏

記者会見ではしゃぐバルマー NBA on ESPN-YouTube

<元マイクロソフトCEOのスティーブ・バルマーが、NBAチームのオーナーとして優勝まであと一歩で手が届く、というところまできている......>

元マイクロソフトCEOのスティーブ・バルマーという人ほど運に恵まれた人もいないのではないか?つくづくそう感じることがある。

マイクロソフトCEOの座を追われたバルマーが

バルマーというと、マイクロソフトCEO時代には「モバイル&クラウド」という業界的な流れの変化への対応で後手にまわり、なかなか株価を上げられず、結局CEOの座を追われた人物。あるいは、スカイプやノキアといった企業を高値掴みして、投資した金額に見合ったリターンを得られなかった人物......IT業界ではそうした見方をされることが多かった。

そのバルマーがいま、NBAチームのオーナーとして最高の名誉である優勝まであと一歩で手が届く、というところまできている。

※ロングバージョンは後ページに

バルマーは2014年8月に、NBAチームのロサンゼルス・クリッパーズ(LAC)を買った。上掲の動画は今年チームが開いた新加入選手の入団発表の記者会見の様子だ。現在のNBAでトップ10に数えられるスーパースター選手がふたり同時に加入とあって、たくさんの報道陣が集まっている。

「ダントツの最有力候補」に

NBAはいまちょうど大きな時代の変わり目を迎えている。6月のNBAファイナル(昨季の優勝決定シリーズ)で、ここ5年ほどほぼ無敵といわれたゴールデンステート・ウォリアーズ(GSW)が破れ、また同シリーズ中に中核選手の一人で現在NBAで実力ナンバー1のケヴィン・デュラントが大きなケガをして、シリーズ終了後にはフリーエージェントとしてブルックリン・ネッツ(BKN)に移ったことから、GSWの「王朝」が崩壊。同時に「スーパースターを3人(以上)集めるのが優勝への近道」といわれていたこれまでの定石が崩れ、とくにLACやGSWも所属する西地区ではファイナルに進出できそうな有力チームが6、7球団という、文字通り「戦国時代」「群雄割拠」という状態になっている。

そんななか、事前の予想でいまのところ「ダントツの最有力候補」とみられているのが、このLAC。トロント・ラプターズ(TOR)のエースとして「ひとりでカナダに優勝トロフィーをもたらした」とされるクワイ・レナード(ファイナルMVP;動画中のTシャツ姿の人物)と、昨季オクラホマシティー・サンダー(OKC)で獅子奮迅の働きをしながら途中で故障に泣いたポール・ジョージ(レギュラーシーズンMVP投票第3位、ジャケットの人物)が一緒にプレイすることになり、しかもLACにはいい脇役(ロール・プレイヤー)も複数いるので、この予想は極めて妥当なものと感じる。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国不動産セクター、少数の強気派が楽観維持 目標株

ビジネス

トヨタ株主総会、豊田氏の再任賛成票比率71.93%

ビジネス

日経平均は小幅続伸、ハイテク株がけん引 一巡後は伸

ビジネス

午後3時のドルは157円後半で底堅い、対ドル以外で
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中