最新記事

ハッカー

トランプ政権、サイバー攻撃「ワナクライ」は北朝鮮が関与と非難

2017年12月19日(火)12時08分

12月18日、トランプ米政権は、5月に世界で被害をもたらしたランサムウエア(身代金要求型ウイルス)「WannaCry(ワナクライ)」を使ったサイバー攻撃について、北朝鮮が関与したとの見解を示した。写真はワナクライのスクリーンショット。提供写真(2017年 ロイター/Symantec)

トランプ米政権は、5月に世界で被害をもたらしたランサムウエア(身代金要求型ウイルス)「WannaCry(ワナクライ)」を使ったサイバー攻撃について、北朝鮮が関与したとの見解を示した。

国土安全保障担当補佐官のトム・ボサート氏は、18日夜に米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)に掲載された記事で「攻撃は広範囲に及び、多額の損害をもたらした。北朝鮮に直接責任がある」と発言。

「北朝鮮は10年以上にわたって不正な行動をほとんど抑制されることなく行ってきた。悪意のある行動は甚だしさを増している」と語った。

ある政権当局者によると、ホワイトハウスは19日に北朝鮮の関与を公式に認定する見通し。

同当局者は、米政府は北朝鮮傘下とされるハッカー集団「ラザルス」が同攻撃を行ったと「確信を持って」分析したと語った。

ラザルスは2014年に起きたソニー<6758.T>傘下の米映画会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメントへのサイバー攻撃への関与が疑われている。

ワナクライでは病院や銀行、企業などで被害が出た。北朝鮮のハッキング能力や核開発については懸念が強まっている。

北朝鮮の政府当局者からのコメントは現時点で得られていない。同国はワナクライへの関与を繰り返し否定している。

政権当局者によると、北朝鮮に対する非難は起訴状や特定の個人名を含んでおらず、北朝鮮に自らの行動の責任を負わせ、「攻撃能力を低下させる」ことが狙いという。

[ワシントン 18日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2017トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

米FRB副議長、ボルカールールや資本規制の見直しに

ビジネス

焦点:イタリア総選挙、国債買いの好機となるか

ワールド

米政府機関の閉鎖は政治システムの「慢性的欠陥」=新

ワールド

ロシアと米、モスクワで北朝鮮問題を協議する見通し=

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 3

    アルツハイマー病に効く? 意外な薬

  • 4

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 5

    アメリカの「政府機関閉鎖」と「債務上限問題」の基…

  • 6

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新…

  • 7

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 8

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 9

    激怒する韓国選手も 北朝鮮と平昌五輪統一チーム結…

  • 10

    世界の「日本人ジョーク」に表れる、安倍首相の際立…

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 7

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 8

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 9

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 10

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 5

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月