最新記事

英王室

シャーロット王女が通う高級保育園で、ウィリアム王子を待ち受ける「パパ友会」

2017年12月20日(水)18時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

来年4月には弟か妹が生まれお姉さんになるシャーロット王女 Jonathan Hayward-REUTERS

<シャーロット王女は兄ジョージ王子の2倍の費用がかかる保育園に入る。そこで行われている英才教育とは......>

シャーロット王女が来年1月から通うと発表されたロンドンのウィルコックス・ナーサリースクール。一家が住むケンジントン宮殿に近い高級住宅街に位置する1964年創立の歴史ある保育園で、英大衆紙サンによると年間200万円の学費がかかるという。兄のジョージ王子が今年9月に入学したトーマス・ロンドン・デイ・スクール(トーマス・バタシー校)の学費は約85万円(年間)だが、その倍以上かかる保育園では何が行われるのだろうか。

粘土から考古学の授業まで

複数の現地メディアによると、ウィルコックス・ナーサリースクールは考古学や環境などを教育のテーマにしている。

自然豊かな遊び場を備え、ボールゲーム、車のおもちゃや砂場遊びも楽しめるという。さらに地の利を生かした活動もある。同園があるサウス・ケンジントン地区は、ロンドン自然史博物館、サイエンス・ミュージアムなどの博物館がひしめくエリア。幼少期から、歴史や自然に触れる機会に恵まれた環境が揃っている。

さらに興味深いホスピタリティも。同園のウェブサイトによると、子供は「離別」について不安になる可能性があることをスタッフは認識していて、子供が望んだ場合には、保育園の先生の写真を自宅に持ち帰ることができるそうだ。だからシャーロットが望めば、先生の写真がケンジントン宮殿に飾られることになるかもしれない。

マナー教育の比重が大きい

シャーロットが参加するクラスは2~5歳の子供32人のクラス。指導にあたるスタッフは全員女性だ。制服の着用義務はない。「あまつばめ」、「つばめ」、「子白鳥」、「白鳥」の4つのグループに分けられる。

同園では、粘土遊び、歌、ダンスのレッスンをはじめ、幅広いトピックがカバーされる。子供たちの「マナー」は、算数や読み書きのスキルと同等に重要性が評価されるという。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、ダボス会議で対米投資呼びかけへ 公正な

ワールド

都内で初の弾道ミサイル避難訓練、東京ドーム周辺で約

ワールド

米上院、つなぎ予算案採決延期 政府機関の閉鎖本格化

ワールド

アングル:米政府閉鎖で何が起きるか、想定される影響

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 3

    アルツハイマー病に効く? 意外な薬

  • 4

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 5

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 6

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新…

  • 7

    アメリカの「政府機関閉鎖」と「債務上限問題」の基…

  • 8

    激怒する韓国選手も 北朝鮮と平昌五輪統一チーム結…

  • 9

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 10

    期待に応えず、他人に期待しないほうがうまくいく理由

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 7

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 8

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 9

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 10

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 5

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月