最新記事

座談会

中国政治ブロガーが指南する党大会の楽しみ方(もちろん人事予想付き)

2017年10月12日(木)19時33分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

UJC 私も陳の常務委員入りはないと思う。陳は浙江省で習近平の部下だったんですが、宣伝部門トップという役柄。プロパガンダ担当ですよ。いわば習近平を褒めたたえる仕事をこなして出世してきたわけで、茶坊主的キャラクターという印象。平時に2階級特進で常務委員入りを果たしたのは胡錦濤、朱鎔基、習近平、李克強という総書記、首相級ばかりです。陳が常務委員入りを果たすとすると、ポスト習近平の最右翼となるわけで、そこまでの器じゃないかな、と。

私の次期常務委員予想は「習近平、李克強、汪洋、栗戦書、韓正」の5人。実務派の汪洋、常務委員への出世ルートとされる上海市トップの韓正に加え、栗戦書という習近平の腹心中の腹心が入るという「習近平圧勝シナリオ」です。汪洋は団派(中国共産主義青年団=共青団出身の政治家派閥の意)。韓正は江沢民派でもあり共青団経験者でもあり習近平の部下でもあったという派閥横断型の典型なんですが、2人とも習近平に取り込まれたと見ています。

ポイントは「ポスト習近平を置かず、習が3期目を狙う布石」。ポスト習近平の候補だった孫政才、胡春華のうち、前者はすでに失脚してます。だったら後者の胡春華も外しちゃおう、と。常務委員入りすれば、次の総書記候補になっちゃいますからね。それで外す口実作りのために常務委員の定員も7人から5人に減らすんじゃないですかね。後継者を作らないでいて、次の5年の間に権力基盤をさらに強化。68歳定年を打破し、習近平3期15年を目指す下地を作ります。

水彩画 孫政才がやられた以上、私も胡春華は外されるかな、と。

団派は「架空の存在」、いや「確かに存在している」と2人が激論に

――団派潰しですね。

水彩画 うーん。日本メディアだとあたかも団派という派閥があるかのように報道されていますけど、本当に実在するんですかね? 私は報道の中だけに存在する架空の存在だと思っています。例えば先日、某新聞が「共青団トップの秦宜智が国家質量監督検験検疫総局副局長に転任した、共青団トップから閑職への移動は団派潰しだ」と報じてましたが、秦は2013年にチベット自治区ラサ市のトップから共青団に落下傘的に異動しただけ。それまでは共青団との関わりは一切ないんですわ。こんな経歴でも団派と言えるのか、不思議でしょうがないですね。

UJC 異議あり! 秦はともかくとして、鄧小平と胡耀邦元総書記が作った、共青団幹部が地方トップを経験した後に党中央の高官になるというレールは確かに存在しています。もちろん、本当に出世するには共青団に所属していた事実だけでは足りず、地方での実績を上げること、さらには保守的な長老たちに認められてその引き立てを受けるという、「実務能力と引き立ててくれる親分」が必要です。自民党の派閥みたいな分かりやすい所属ではなく、大企業で作られる派閥的なものと理解してはどうでしょう。このような理解を元にすれば、団派が存在しないとは言えないでしょう。

例えば、共青団トップ経験者の胡錦濤はチベット自治区党書記時代に天安門事件でいち早く戒厳令を出して速やかな弾圧をしたことが、鄧小平や陳雲ら長老に「胆力あるやんけ!」と認められて総書記候補に。また、北京市の党書記を最近退任した郭金龍は、チベット時代に胡錦濤の部下だったので団派と目されていますが、彼が出世ルートにのったのは四川省楽山市長時代に、視察に来た李鵬に能力を認められたためです。

あと汪洋。団派と言われていますが、元は安徽省の田舎の代理市長だったんです。南巡講和の途中に立ち寄った鄧小平がその才覚を認めて、安徽省の副省長に抜擢されてる。つまり汪洋の出世は団派だからではなく、鄧小平が見込んで胡錦濤に託したから。「最後の鄧小平人事」なんですよ!

(早口になりつつ)ことほどかように、団派というつながりはあっても、それと同時に長老に認められる爺さん転がしのテクニックが大事なわけでして。団派であっても出世するには長老に気に入られることがマスト。となったら団派というよりも保守派と言われてもしようがない部分もあります。でも団派同士のお付き合いは別にあるわけで。どっかひとつだけの派閥に入っていることにしたら分析が楽ですけど、現実とは全然違うわけですよ。複数のつながりを持っているわけですよ。そこが悩ましい。めんどくさい。でも面白い......(以下えんえん続く)。

ニュース速報

ビジネス

ドルやや上昇、インフレ動向に注目=NY市場

ビジネス

米国株は3指数が最高値、金融株上昇や決算期待で

ビジネス

トランプ米大統領、イエレンFRB議長と19日会談へ

ビジネス

トランプ米大統領、共和・民主による医療保険の応急措

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 3

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱えるニューポリティックス

  • 4

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 7

    アベノミクスが雇用改善に寄与した根拠

  • 8

    第二言語習得の研究から見た、「勘違いだらけ」日本…

  • 9

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    トランプがアメリカを第3次世界大戦に導く危険を冒す

  • 4

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 5

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 6

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 7

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月