最新記事

座談会

中国政治ブロガーが指南する党大会の楽しみ方(もちろん人事予想付き)

2017年10月12日(木)19時33分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

――お土産だけではなく、中国本土に通信販売もされていましたね。ばれないように本のカバーだけ別の本に差し替えて郵送していました。銅鑼湾事件でも当局は郵送先のリストを入手するのが目的だったと報じられています。

水彩画 実は中国共産党の中の人が政治ゴシップ本を買っていたんじゃないかとはよく言われていますね(笑)。で、その話をあたかも自分の持ちネタのように日本メディアの記者に話す。日本メディアは「共産党関係筋によると~」と記事にする。情報ソースロンダリングが起きているんじゃないかと(笑)。

UJC ありえない話じゃないですね(笑)。故人ですが、某大手新聞の北京支局長を務められた記者の方にお聞きしたのですが、当時直接情報を聞けたのは中央候補委員が最高位だったそうです。共産党の指導者層とは常務委員、政治局委員、中央委員まで。中央候補委員は決定に関与する権限はないものの、会議に参加する権利、どういう討議が行われたかなどの議事録を見るオブザーバー的な権利があると言われています。

共産党の序列でいうと、だいたい200~400番目ぐらいです。いわゆる閣僚級、省長級の幹部。年々情報統制は強化されていますから、今はそのレベルですら直接聞くのはとても無理でしょう。その下のクラスの党官僚だと、自分とは異なる分野の重要事項については伝えられていないわけです。党中央で何が起きているのかについては、噂やらリークメディアやらを頼りにしているでしょうから。

――先日、現役の大手メディア中国駐在記者さんと意見交換したんですが、頭を抱えていました。「5年前の党大会では先輩記者ががんがん内部情報を報じていたけど、どうやって情報取っていたのかさっぱりわからん。本当に取材できていたの!?」と(笑)。記者にとって情報ソースは秘中の秘、同僚にも明かさないことが多いとなると、本当にちゃんとした情報だったのか、同僚からも疑いの眼で見られるという(笑)。

ポスト習近平だった「孫政才がやられた以上、胡春華も外される」で一致

――さて、10月18日から始まる今回の十九大では何が注目点なのでしょうか?

UJC 毎回そうですが、常務委員の顔ぶれがどうなるのかが最大の注目点です。中国共産党は「集団領導制」と言われてます。トップの総書記ばかりに注目が集まりますが、その総書記も中央政治局常務委員会では一票の投票権しか持たない。最高指導陣の合議制という形態です。この5年間で習近平総書記に権力が集中する改革が行われたとはいえ、いまだに常務委員の権力は絶大ですから。

水彩画 中国の床屋政談も主流は新たな常務委員の顔ぶれ予想ですよね。現在は習近平、李克強、張徳江、兪正声、劉雲山、王岐山、張高麗の7人。「七上八下」(党大会時点で満68歳以上は引退)という慣例に従えば、習近平と李克強以外の5人は引退です。

常務委員のワンランク下、政治局委員には、上述の常務委員に加えて馬凱、王滬寧、劉延東、劉奇葆、許其亮、孫春蘭、李建国、李源潮、汪洋、張春賢、範長龍孟建柱、趙楽際、胡春華、栗戦書、郭金龍、韓正の17人がいます。引退年齢を迎えた委員(太字で示した)以外の11人から5人が選ばれるというレースです。

――習近平のように中央委員から二階級特進で常務委員になるケースもありますね。

UJC そうですね。習近平に引き立てられてロケット出世を続けている陳敏爾が2階級特進する可能性のあるダークホースとして取り沙汰されてます。

水彩画 その可能性はないでしょ。陳は7月に重慶市党委員会書記に就任したばかり。重慶は薄熙来(元重慶市トップ、2012年に失脚)、孫政才(元重慶市トップ、2017年に失脚)とごたごたを起こしている地域。その平定に送り込まれた習近平の懐刀が陳です。就任の挨拶では「中央が私を重慶に送り混んだからには私は重慶の一員だ」と発言しました。重慶の改革に全力を尽くすと表明したのに、たった3カ月で異動したら拍子抜けです。

ニュース速報

ワールド

スイス中銀がマイナス金利据え置き、フランは「過大評

ビジネス

ECBが金利据え置き、超緩和姿勢維持

ビジネス

エールフランスKLM、18年夏に日欧路線を増便へ

ビジネス

税制改正、与党大綱を決定 デフレ脱却へ企業投資後押

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 2

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 3

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 4

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 5

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 6

    集団レイプで受けた心の傷から肥満に苦しむ女性の回…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 9

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 10

    苦しまない安楽死マシンなら死を選びますか?

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 5

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 9

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 10

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月