最新記事

北朝鮮

強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説

2017年9月14日(木)19時24分
鈴木琢磨(毎日新聞社部長委員)※時事通信社発行の電子書籍「e-World Premium」より転載

国連安全保障理事会による追加制裁決議を非難した金正恩委員長 KCNA/REUTERS

北朝鮮の建国記念日の9月9日、金正恩は平壌の中心にある宴会場「木蘭館」にいた。3日に強行した6回目の核実験に関わった科学者や技術者のための盛大な祝宴である。金正恩は科学者らをねぎらいつつ、こうあいさつした。「水素爆弾の爆音は、血の代価で成し遂げた朝鮮人民の偉大な勝利だ」。そして「主体革命の最後の勝利は確定的だ」とまで、自信ありげに言い切った。

この大宴会を伝える朝鮮中央テレビを見ながら、筆者は「これは間違いなく一つのビッグ・ストーリーだ」と思った。北海道上空を越える弾道ミサイルを発射したのに続き、核実験まで強行し、さらに米領グアムまでミサイルで威嚇する。むろん、対米決戦の本気度が増している印象ではあるが、どうもやみくもに挑発している感じでもなさそうなのだ。筆者は何らかのシナリオがある、と見た。

そもそも核・ミサイルは自らの体制を守る最後のとりでではあるが、金正恩の権威を高める有力な武器でもあるということである。その核・ミサイル開発の歴史こそが、金王朝3代にわたる壮大な「大河ドラマ」なのだ。この波瀾(はらん)万丈のストーリーに金正恩を登場させることによって、若き指導者に大いなるカリスマ性を持たせようとしているのだろう。(文中敬称略)

祖父と父の偉業受け継ぐ

筆者がそう感じたのには訳がある。つい先日、入手した金正恩の秘密演説にビッグ・ストーリーが透けて見えるからである。演説は、表紙が緑色の朝鮮労働党出版社が発行した冊子に収録され、13ページにわたって生々しい金正恩の発言が記されている。

タイトルは「自強力第一主義を具現し、主体的国防工業の威力を固めていかなければならない」。金正恩が党と軍の責任幹部に対して行った演説とみられ、日付は「2016年3月6日」。「自強力」とは自力更生の意味である。この演説について労働新聞など平壌のメディアは一切、報じておらず、当日の金正恩の動静報道も無い。その秘密演説が1年以上のブランクを経て17年4月10日に公開されたのは、大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験を控えて対米対決が厳しくなっていくタイミングで、広く人民に金正恩の思いを伝える必要に迫られていたからに違いない。

折しも演説のあった翌7日からは、「斬首作戦」を含む史上最大規模の米韓合同軍事演習を控えていた。16年初には初の「水爆」実験を強行し、2月には「人工衛星」と称する弾道ミサイルも発射、国連安保理で制裁決議がなされ、国際社会の圧力も増していた。

<敵どもがやいばを抜けば長剣を振り回し、銃を出せば大砲を出すのが、偉大な首領さま(金日成)と偉大な将軍さま(金正日)が敵どもとの対決で終始一貫して堅持してこられた信念であり、意志であり、度胸です>

続けてこう言うのだ。

<この世界にわが首領さまと将軍さまのように信念と意志が強固で、度胸のある領導者はいません。首領さまと将軍さまは、この世の中で一番の思想理論家、政治家、鋼鉄の霊将であられるだけでなく、信念と意志の第一強者、第一度胸家でいらっしゃった。私は偉大な首領さまと偉大な将軍さまがお持ちになっていた不屈の信念と意志、度胸で敵どもの強硬に超強硬で堂々と立ち向かっています>

ニュース速報

ビジネス

正午のドルは112円前半、株高には反応薄で軟調

ワールド

北朝鮮は休戦協定違反、韓国亡命の兵士巡り=国連軍司

ワールド

NAFTA再交渉、自動車など重要項目で溝埋まらず

ビジネス

米インフレは回復へ、ただし「非常に不確か」=イエレ

MAGAZINE

特集:北朝鮮の歴史

2017-11・28号(11/21発売)

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮問題、中国の秘策はうまくいくのか――特使派遣の裏側

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    トランプは金正恩を利用しているだけ、戦争する気は…

  • 6

    アメリカは「安倍トラ」に無関心

  • 7

    日本に定住した日系ブラジル人たちはいま何を思うのか

  • 8

    堤未果:アメリカを貧困大国にしトランプ大統領を誕…

  • 9

    「嫌な気持ちは寝て忘れちゃえ」は逆効果?

  • 10

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    子供を叩かないで! 体罰の影響を科学的に研究 

  • 8

    アメリカで黒人の子供たちがたたき込まれる警官への…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 9

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

  • 10

    「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月