最新記事

英王室

【写真特集】不仲説も囁かれたエリザベス女王とダイアナ

2017年8月28日(月)18時15分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

ポロのチャリティーマッチ会場で。ダイアナは幸せそうには見えなかった(1982年5月30日) Tim Graham/Getty Images

<恐ろしいほど悲しいことでした。ダイアナの死は、この国にとって大きな損失なのですから――1997年8月のダイアナの訃報後、エリザベス女王が初めて書いた手紙に綴られた言葉だ。王室のあり方に対する意見の違いから不仲説もあった2人を、ゲッティイメージズの写真とデジタルアーカイブのディレクター Bob Ahern のコメントで振り返る>


パリの自動車事故から20年。36年という短い人生にもかかわらず、世界中の人々に大きな影響を与えたダイアナ。ロイヤルファミリーの伝統よりも自らの感情や自然体でいることを優先していた彼女はどうしてもエリザベス女王と衝突することもあった。伝統だった帽子や手袋を着用しなかったダイアナは、それがAIDS患者であろうと地雷被害者であろうと関係ない。近い距離で人々に接しようという思いが溢れる写真に写るのは、まさに「People's Princess」の姿だ。伝統を犠牲にしてでも一般の人と繋がろうとし、決して抑圧することのない、人間味あふれるオープンさを貫いたその精神こそがダイアナが人々から愛され続け、20世紀を代表する人物となった一番の要素だろう。(Bob Ahern)

【参考記事】ヘンリー王子が語った母の死と英王室(前編)
【参考記事】母ダイアナの死と心の傷を乗り越えて ヘンリー王子独占インタビュー(後編)


d-qe-01.jpg

チャールズ皇太子の花嫁候補の条件は「プロテスタントで処女」との報道も。それ以外にもテストがあり、エリザベス女王のお墨付きを得るのは厳しかったようだ(1980年1月1日) Keystone-France/Gamma-Keystone via Getty Images

ニュース速報

ワールド

スイス中銀がマイナス金利据え置き、フランは「過大評

ビジネス

ECBが金利据え置き、超緩和姿勢維持

ビジネス

エールフランスKLM、18年夏に日欧路線を増便へ

ビジネス

税制改正、与党大綱を決定 デフレ脱却へ企業投資後押

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 2

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 3

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 4

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 5

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 6

    集団レイプで受けた心の傷から肥満に苦しむ女性の回…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 9

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 10

    苦しまない安楽死マシンなら死を選びますか?

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 5

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 9

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 10

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月