最新記事

アメリカ株

バフェットは「トランプ相場」の終わりを待っている?

Warren Buffett Has So Much Cash, He Doesn't Even Want All of It

2017年8月9日(水)16時30分
グレッグ・プライス

バークシャー・ハサウェイの年次株主総会で投資先のアイスクリームを食べるバフェット Rick Wilking-REUTERS

<バフェットが経営するバークシャー・ハサウェイが保有するキャッシュは11兆円、4年前の3倍に膨れ上がった。なぜ投資先が見つからないのか>

たとえ使い道に困るほどの大金でも、ぜひとも手にしてみたいと思うのが人情だろう。だが、世界有数の富豪で投資家のウォーレン・バフェット(86)にとっては、手元に1000億ドル(約11兆円)の現金があるのは必ずしもありがたい話ではない。

バフェットが経営する世界最大の持株会社、バークシャー・ハサウェイが保有する現金は1000億ドルに近づいている。

【参考記事】なぜか再びアメリカで銀行がつぶれ始めた

8月7日のブルームバーグの報道によれば、バークシャー・ハサウェイの2017年第2四半期の手元資金は997億ドル。2013年第2四半期の約350億ドルと比べると3倍近くに膨らんだ。

この997億ドルは厳密に言えばバフェットのものではないが、バフェットが推定資産額756億ドルでフォーブスの長者番付世界2位の富豪になっているのは、バークシャーを通じた投資のおかげだ。

【参考記事】かい離する政治と経済、トランプはますますクリントンに似てきた

バフェットは5月に開催されたバークシャーの株主総会で、これほど多くの現金を投資に回さず眠らせておくのは必ずしも良いことではないと認めている。

「問題は、『その金をうまく使えるか』という点だ」とバフェットは語った。「過去は我々に味方するだろうが、(未来からの)電話が鳴ればもっとおもしろいことになるだろう」と、バフェットは言った。

アメリカ株高を警戒?

怠けていたわけではない。バフェットは、テクノロジー分野の大企業アップルのほか、不動産投資信託や住宅ローン会社にも投資している。7月には、テキサス州最大の電力会社エナジー・フューチャー・ホールディングスを90億ドルで買収することで合意したと、ブルームバーグは報じている。

バフェットは、堅実かつ賢明な投資でその富と名声を築いてきた。2016年11月から続いている「トランプ相場」の大波をやり過ごしてから動こうと、今は待っている可能性もある。

【参考記事】アメリカがグローバル経済の牽引役に返り咲く日

CNBCによれば、7日の取引終了時点で、ダウ工業株30種平均は2万2118.42ドルで、9営業日連続で過去最高値を更新した。スタンダード&プアーズ(S&P)総合500社指数も2480.91となり、7月26日の高値を更新した。

だが、「市場がつまずく理由を見つけるのは難しい」と、キー・プライベート・バンクの首席投資ストラテジスト、ブルース・マケインは言う。「企業収益は好調だ。いずれは壁にぶつかることになるだろうが、今の段階で障害を見極めるのは難しい」

バフェットには、その障害が見えているのだろうか。

(翻訳:ガリレオ)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

米共和党、税制改革法案・最終案の概要発表 法人税2

ビジネス

米主要株価3指数が最高値更新、税制改革実現への期待

ワールド

北朝鮮、対話には兵器実験の持続的中止が必要 米国務

ワールド

EU首脳、ブレグジット交渉「第2段階」入りを正式承

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 3

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 4

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 5

    日本の敗退後、中国式「作らない製造業」が世界を制…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 10

    宇宙国家アスガルディア、人工衛星の軌道投入成功を…

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 5

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 10

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月