最新記事

同乗レポート

日本人ウーバー運転手が明かす「乗客マッチング」の裏側

2017年7月20日(木)11時47分
小暮聡子(ニューヨーク支局)

大手日系金融機関のニューヨーク支社に勤務しながら、副業でウーバー運転手を務める西村武展 Satoko Kogure-Newsweek Japan

<ウーバーはどういう仕組みで車と客のマッチングを行っているのか。どうすればウーバー運転手として上手く稼げるのか。ニューヨークでウーバーの運転手になった日本人の車に同乗させてもらった>

このところ、すっかりニューヨーカーの「足」となった配車サービスの「ウーバー(Uber)」。スマートフォンのアプリで呼び出したらすぐに来る、登録済みのクレジットカードで決済ができる、イエローキャブより割安で快適、といった新しいサービス形態で人気を博してきた。

私自身もニューヨークでよく利用しているが、どんな人がどういう仕組みで、どうやって稼いでいるのか、不思議に思うことも多かった。そんな折、なんと日本人の友人がウーバーの「運転手」になったという。

西村武展(たけのぶ)、38歳。大手日系金融機関のニューヨーク支社に勤める彼が、副業としてニューヨーク中を走り回っている。謎だらけだったウーバーのからくりを解剖すべく、先日、西村のウーバー車に乗せてもらった。

わずか15秒で迎車リクエスト、乗客の情報はほとんどない

「これってほんと、ゲームみたいなんだよね」。とある金曜日の午後4時、自身が所有するウーバー登録車「トヨタ・カムリ」の運転席で、西村はウーバーのマッチングシステムについてそう切り出した。この日のスタート地点は、初夏の日差しがまぶしいブライアントパーク。道を挟んで紀伊國屋書店がある、マンハッタンのど真ん中だ。

翌日から3連休とあって、仕事を早めに切り上げて帰路を急ぐ人の姿が目に付く。西村が自分のスマートフォンでウーバーの運転手アプリを起動し、「ゲームを開始」すると、わずか15秒で乗客から迎車リクエストが届いた。

驚いたことに、運転手がアプリ上で乗客を「アクセプト(承認)」するまで、スマートフォンの画面に乗客の情報はほとんど何も表示されない。表示されるのは、乗客までの距離や乗客がいるエリアが「乗車価格が●倍に高騰している(もしくは基準値のまま)」という情報、「プール(相乗り)希望かどうか」やその乗客についての(過去に乗せたウーバー運転手からの)評価くらいだ。乗客の名前はおろか、待っている場所、乗せた地点からの行き先がどこなのかといった情報すら分からない。

運転手が「アクセプト」すると、初めて乗客の名前と待っている場所、現在地から迎えに行くまでの推定時間が表示される。乗客の情報として性別や人種、年齢などはもちろん明かされないので(運転手が乗客を選ぶのを防止するためだろう)、ウーバー運転手は迎えに行った先でも、表示された名前からなんとなく男性か女性か程度を判断しながら待つしかない。行ってみたら、待っていたのは子供だった(親が迎車をリクエストしていた)ということもあるという。

乗客がどこに行きたいのかが判明するのも、迎えに行って、実際に客を車に乗せてから。客を乗せ、運転手アプリで「乗車開始(start the trip)」のアイコンをスワイプして初めて行き先が表示される。客はウーバーを呼ぶ際に行き先住所をアプリに入力しているのに、乗車すると運転手から「行き先はここでいい?」と聞かれることがあるのは、運転手もその時に初めて行き先を確認しているからだ。

例えば、運転手が夜遅くにそろそろ今日の仕事は切り上げようかと思っているなか、うっかりアクセプトして乗せてみたら数時間かかる行き先だと判明し、「しまった!」となることもあるらしい。

【参考記事】ウーバーはどのように人工知能テクノロジーを活用しているのか

ニュース速報

ワールド

中国共産党大会が開幕、習氏「新時代の社会主義国築く

ビジネス

欧州の低金利環境、改革促進に絶好の機会提供=ドラギ

ビジネス

日経平均12連騰、安倍相場最長タイ 業績期待と海外

ビジネス

ドイツ憲法裁、ECB資産買入への連銀参加差し止め請

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したこともない」

  • 3

    北朝鮮危機、ニクソン訪中に匹敵する米中合意の可能性

  • 4

    北朝鮮「国連加盟国、米の軍事行動に参加しない限り…

  • 5

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 6

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 7

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 8

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱…

  • 9

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 10

    金正恩、中国共産党大会に祝賀メッセージ

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 5

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 6

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 7

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月