最新記事

脳科学

謎の大富豪が「裸の美術館」をタスマニアに造った理由

2017年6月19日(月)17時20分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

MONAサイトより

<型破りな美術館MONAは何が違うのか、なぜ記憶に残るのか。脳科学が解き明かす、顧客に忘れられないためのビジネス戦略>

 あなたは美術館の作品を裸で鑑賞したいと思ったことがないだろうか。オーストラリアのタスマニア州にあるミュージアム・オブ・オールド・アンド・ニュー・アート(MONA)を訪れれば、そんな気持ちにさせられるかもしれない。MONAは非常に革新的な美術館で、財務の健全性を毎年改善しながらも、美術の世界の慣習をつぎつぎと打ち破っている。典型的な美術館は地上にあるが、これは地下に建てられている。典型的な美術館はアクセスしやすいが、これは孤島の田舎に立地している。そしてMONAに入場するためには、長い階段を上ったり、大理石の円柱のあいだを歩いたりする必要はない。入口は、テニスコートの先にある。

 従来の美術館には展示品についてのキャプションがあるが、MONAにはいっさい付けられていない。さらに、標識や矢印など、正しい鑑賞ルートについての情報もない。おまけに、作品は時系列に並べられているわけでもない。そして奇抜な作品のオンパレード。ぺちゃんこにされた赤いポルシェの彫刻、腐りかけた牛の死体の彫刻、どのページも真っ白な本ばかりを集めた図書館など、実にユニークだ。美術館の壁の色は白が標準だが、来館者の期待を裏切るかのように、壁は黒で統一されている。

 オーストラリアのある雑誌はMONAについて「失われた古代都市ペトラと深夜のベルリンを混ぜ合わせたような雰囲気」だと評した。この美術館のテーマはセックスと死という大胆なもので、タスマニアの州都ホバートの謙虚で礼儀正しい住民からは想像もつかない。さらなるスリルを味わいたい人のためには、夜の9時以降に素っ裸での「ヌーディスト用」ツアーが準備されている。護衛もガイドも服は着ていない。

 美術に対するこの型破りなアプローチは、デイヴィッド・ウォルシュという謎の大富豪にして数学の天才が企画したものだ。2007年、ウォルシュはギャンブルで大儲けして一躍有名人になるが、その儲け方がユニークで、ジェームズ・ボンドのような色仕掛けではなく、一種の応用数学を利用した。数学の学位取得を目指して勉強しているとき、無茶さえしなければカジノで儲けることは可能だと彼は気づいた。結局のところカジノでは胴元が儲かる仕組みになっているが、多額の現金を元手にすれば、利益は小さくても大きなリスクをかけずに、ある程度の金儲けができるのだ。ウォルシュは資金を提供してくれるパートナーを見つけ、アルゴリズムを書き出してから、コンピューターを使った競馬予測で成果を確認した。

 やがて莫大な財産を築くと、彼は病弱な子ども時代からの内気な性格を克服し、「本当の自分を隠すのはやめよう」と決心する。その結果、風変わりな趣味を世の中に公開し、みんなに鑑賞してもらうことにしたのである。

【参考記事】危うし、美術館!(1): 香港M+館長の電撃辞任は中国の圧力か

ニュース速報

ビジネス

金融庁、監査報告の長文化を検討へ 投資家への情報提

ビジネス

タカタが民事再生法申請、負債総額1.7兆円 会長は

ビジネス

日本マクドナルド、都内33店舗で「UberEATS

ワールド

北アイルランドのDUP党首、閣外協力で首相と26日

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 5

    イギリス高層住宅の外壁に可燃性素材 イングランド…

  • 6

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 7

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 8

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 9

    ブレグジット大惨事の回避策

  • 10

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 1

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 2

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月