コラム

危うし、美術館!(1): 香港M+館長の電撃辞任は中国の圧力か

2016年01月27日(水)07時00分
危うし、美術館!(1): 香港M+館長の電撃辞任は中国の圧力か

2019年香港に開館予定の美術館M+(エム・プラス)の館長ラーシュ・ニットヴェが、突然辞任を発表し、アート界を驚かせた。(写真はyoutubeより)

 2015年10月、アート界を驚かせるニュースが配信された。香港の西九文化區に2019年開館予定の美術館、M+(エム・プラス)の館長ラーシュ・ニットヴェが、2016年1月に辞任すると突然発表したのである。辞任後、少なくとも1年間は顧問として在籍するというが、院政を敷くということでもなさそうだ。1953年ストックホルム生まれのニットヴェは、(デンマークの)ルイジアナ近代美術館、ストックホルム近代美術館の館長を歴任し、テート・モダンの初代館長を務めた大物キュレーター。M+でも2011年の就任以来、多国籍の優秀なスタッフを配下に豪腕を振るっていた。

 ニットヴェの辞任の裏について記す前に、香港の現代アート事情について説明しておこう。僕が現代アート雑誌の編集長だったころ、彼の地にアートシーンは存在しないに等しかった。2005年に特集の可能性を探るリサーチをしに訪れた際には、又一山人(アナザーマウンテンマン)ら何人かのアーティストが活動していたものの、コマーシャルギャラリーはほとんどなく、アートマーケットは貧弱で、作家は雑誌や広告のグラフィックデザインやプロダクトデザインなどの仕事で糊口を凌いでいた。ポール・チャンリー・キットら、現在人気のあるアーティストが国際的に注目されるようになるのは、その数年後のことである。香港特集は断念した。

 中国の経済的な発展がすべてを変えた。よく知られているとおり、ある国のアートマーケットの興隆は経済成長と歩みを合わせる。非西洋諸国において、バブル期の後に沈没した日本に代わり、経済とアートがともに栄えたのはBRICsの国々(ブラジル、ロシア、インド、中国)だった。アジア通貨危機後の中国は、21世紀に入ってから成長を加速させ、2007年には14.16%という高い成長率を記録する(世界通貨基金「世界経済見通しデータベース」による)。本土では、豪華な広告が入ったアート雑誌が続々創刊された(その後、廃刊が相次ぎ、淘汰も進んだ)。僕のリサーチは少しだけ早すぎたのかもしれない。

 国際自由港である香港では税金がかからない。中国現代アートの爆発的ブームとともに、クリスティーズやサザビーズなどのオークションハウスが現代アート作品の販売を始めた。ガゴシアン、ペース、ホワイト・キューブ、リーマン・モーピン、エマニュエル・ペロタンら、欧米の有力ギャラリーも支店を開設した。決定的だったのは、2013年にアート・バーゼル香港が始まったことだ。世界で最も格が高いとされるアートフェアに、2002年以降開催されているアート・バーゼル・マイアミビーチに続く第2のアウェイ開催地として選ばれたことで、香港はアジアにおける現代アートマーケットの中心地に定まった。東京や上海のアートフェア関係者は肩を落とした。

アート・バーゼル香港2015 ハイライト
.

プロフィール

小崎哲哉

1955年、東京生まれ。ウェブマガジン『REALTOKYO』『REALKYOTO』発行人兼編集長。京都造形芸術大学大学院学術研究センター客員研究員。2002年、20世紀に人類が犯した愚行を集めた写真集『百年の愚行』を刊行し、03年には和英バイリンガルの現代アート雑誌『ART iT』を創刊。13年にはあいちトリエンナーレ2013のパフォーミングアーツ統括プロデューサーを担当し、14年に『続・百年の愚行』を執筆・編集した。

ニュース速報

ビジネス

英10年債利回り初の0.7%割れ、過去最低を更新

ビジネス

独7月のEU基準CPI0.4%上昇、ECB政策効果

ビジネス

野村の4─6月期は前年比31%減益、リテール収益が

ビジネス

仏ルノー、上半期は販売好調で8.8%増益 営業利益

MAGAZINE

特集:世界を虜にするポケモンGO

2016-8・ 2号(7/26発売)

世界中で始まったポケモンGOの大ブレイク──。屋外型「カワイイ」ゲームの騒動は社会に何をもたらすか

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム
  • ニュース速報
  1. 1

    もし第3次世界大戦が起こったら

  2. 2

    ハーバードが絶賛する「日本」を私たちはまだ知らない

  3. 3

    沖ノ鳥島問題で露呈した日本と中国の共通点

    台湾の漁船拿捕をきっかけに「島か岩か」問題が再…

  4. 4

    サイコパスには犯罪者だけでなく成功者もいる

    サイコパスはすべてが殺人鬼ではない。なかには、…

  5. 5

    数学の「できない子」を強制的に生み出す日本の教育

  6. 6

    ISIS処刑部隊「ビートルズ」最後の1人、特定される

  7. 7

    日本軍と共謀した毛沢東を、中国人はどう受け止めたか?

  8. 8

    米軍は5年前、女性兵だけの特殊部隊をアフガンに投入していた

  9. 9

    英EU離脱に憤る若者たち: でも実は若年層は投票しなかった世代

  10. 10

    ISISはなぜトルコを狙うのか

  1. 1

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  2. 2

    共和党と民主党どこが違う

    米大統領選挙は共和党、民主党いずれも党大会を…

  3. 3

    よみがえった「サウジがポケモンを禁止」報道

    <「ポケモンはハラーム」との記事が日本のニュースサ…

  4. 4

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  5. 5

    中国の「反日暴動」がアメリカでほとんど報道されない理由とは?

    先週末から今週はじめにかけて、中国の各地では…

  6. 6

    ジャーナリストが仕事として成り立たない日本

    <トラック運転手をして取材資金を貯めるという桜木武…

  7. 7

    英国EU離脱は、英国の終わり、欧州の衰退、世界の停滞をもたらす

    英国の国民投票は、EU離脱支持が残留支持を上回り…

  8. 8

    スマホが人間をダメにする

    インターネット時代、スマートフォン時代になっ…

  9. 9

    英国EU離脱。しかし、問題は、移民からロボティックスへ

    <世界一のグローバル都市へと成長し、移民が急増した…

  10. 10

    「ブレグジット後悔」論のまやかし

    <ブレグジットの国民投票以降、「EU離脱に投票…

  1. 1

    テスラ車死亡事故、自動運転中にDVD鑑賞の可能性

    米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モータ…

  2. 2

    バングラデシュで襲撃の武装集団鎮圧、外国人ら20人殺害

    バングラデシュの首都ダッカで1日夜、レストラ…

  3. 3

    バングラ事件、邦人7人含む20人死亡 安倍首相「痛恨の極み」 

    バングラデシュの首都ダッカで1日夜、レストラ…

  4. 4

    豪下院選は大接戦、結果判明5日以降に 「宙づり議会」の可能性

    2日に投票が行われた豪総選挙の下院選は、ター…

  5. 5

    バングラデシュ人質事件、日本人は1人救出 7人安否不明

    バングラデシュの首都ダッカのレストランで1日…

  6. 6

    バングラデシュ人質事件で日本人7人の死亡確認=菅官房長官

    菅義偉官房長官は2日午後11時半過ぎに会見し…

  7. 7

    クリントン氏優勢 トランプ氏と差は縮小=米大統領選調査

    ロイター/イプソスが実施した米大統領選の候補…

  8. 8

    日本の改正児童福祉法、施設暮らしの子ども救うか

    金属の柵で囲まれた小児用ベッドに寝かされた赤…

  9. 9

    邦人犠牲者は20代から80代の男女、菅官房長官「断固として非難」

    菅義偉官房長官は3日午前の記者会見で、日本人…

  10. 10

    イラク首都の爆弾攻撃で約120人死亡、ISISが犯行声明

    イラクの首都バグダッドで3日未明、2回の爆発…

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
リクルート
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人もツッコめない? 巧みすぎる安倍流選挙大作戦