コラム

危うし、美術館!(1): 香港M+館長の電撃辞任は中国の圧力か

2016年01月27日(水)07時00分
危うし、美術館!(1): 香港M+館長の電撃辞任は中国の圧力か

2019年香港に開館予定の美術館M+(エム・プラス)の館長ラーシュ・ニットヴェが、突然辞任を発表し、アート界を驚かせた。(写真はyoutubeより)

 2015年10月、アート界を驚かせるニュースが配信された。香港の西九文化區に2019年開館予定の美術館、M+(エム・プラス)の館長ラーシュ・ニットヴェが、2016年1月に辞任すると突然発表したのである。辞任後、少なくとも1年間は顧問として在籍するというが、院政を敷くということでもなさそうだ。1953年ストックホルム生まれのニットヴェは、(デンマークの)ルイジアナ近代美術館、ストックホルム近代美術館の館長を歴任し、テート・モダンの初代館長を務めた大物キュレーター。M+でも2011年の就任以来、多国籍の優秀なスタッフを配下に豪腕を振るっていた。

 ニットヴェの辞任の裏について記す前に、香港の現代アート事情について説明しておこう。僕が現代アート雑誌の編集長だったころ、彼の地にアートシーンは存在しないに等しかった。2005年に特集の可能性を探るリサーチをしに訪れた際には、又一山人(アナザーマウンテンマン)ら何人かのアーティストが活動していたものの、コマーシャルギャラリーはほとんどなく、アートマーケットは貧弱で、作家は雑誌や広告のグラフィックデザインやプロダクトデザインなどの仕事で糊口を凌いでいた。ポール・チャンリー・キットら、現在人気のあるアーティストが国際的に注目されるようになるのは、その数年後のことである。香港特集は断念した。

 中国の経済的な発展がすべてを変えた。よく知られているとおり、ある国のアートマーケットの興隆は経済成長と歩みを合わせる。非西洋諸国において、バブル期の後に沈没した日本に代わり、経済とアートがともに栄えたのはBRICsの国々(ブラジル、ロシア、インド、中国)だった。アジア通貨危機後の中国は、21世紀に入ってから成長を加速させ、2007年には14.16%という高い成長率を記録する(世界通貨基金「世界経済見通しデータベース」による)。本土では、豪華な広告が入ったアート雑誌が続々創刊された(その後、廃刊が相次ぎ、淘汰も進んだ)。僕のリサーチは少しだけ早すぎたのかもしれない。

 国際自由港である香港では税金がかからない。中国現代アートの爆発的ブームとともに、クリスティーズやサザビーズなどのオークションハウスが現代アート作品の販売を始めた。ガゴシアン、ペース、ホワイト・キューブ、リーマン・モーピン、エマニュエル・ペロタンら、欧米の有力ギャラリーも支店を開設した。決定的だったのは、2013年にアート・バーゼル香港が始まったことだ。世界で最も格が高いとされるアートフェアに、2002年以降開催されているアート・バーゼル・マイアミビーチに続く第2のアウェイ開催地として選ばれたことで、香港はアジアにおける現代アートマーケットの中心地に定まった。東京や上海のアートフェア関係者は肩を落とした。

アート・バーゼル香港2015 ハイライト
.

プロフィール

小崎哲哉

1955年、東京生まれ。ウェブマガジン『REALTOKYO』『REALKYOTO』発行人兼編集長。京都造形芸術大学大学院学術研究センター客員研究員。2002年、20世紀に人類が犯した愚行を集めた写真集『百年の愚行』を刊行し、03年には和英バイリンガルの現代アート雑誌『ART iT』を創刊。13年にはあいちトリエンナーレ2013のパフォーミングアーツ統括プロデューサーを担当し、14年に『続・百年の愚行』を執筆・編集した。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、トランプ氏は「賢い政治家」 クリントン氏は

ワールド

ISが市民を「人間の盾」に、イラク軍のファルージャ

ワールド

米、欧州で夏にテロ攻撃の恐れと警告

ビジネス

正午のドルは110円後半で上値重い、米早期利上げ期

MAGAZINE

特集:中国 方向転換を迫られる巨龍の行方

2016-6・ 7号(5/31発売)

この40年近く成長を謳歌してきた中国が直面する内憂外患。政治、経済、外交で岐路に立つ習近平政権はどう舵を切るのか

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム
  • ニュース速報
  1. 1

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  2. 2

    「オバマ大統領27日広島訪問、原爆投下謝罪せず」ホワイトハウスが発表

    伊勢志摩サミットで来日時に現職の米大統領として…

  3. 3

    「国家崩壊」寸前、ベネズエラ国民を苦しめる社会主義の失敗

  4. 4

    荒れる米大統領選の意外な「本命」はオバマ

    共和党の醜い舌戦のおかげで人気回復のオバマがい…

  5. 5

    サンダースが敗北を認めない民主党の異常事態

  6. 6

    米大統領選挙、「クリントンなら安心」の落とし穴

    アウトサイダー待望論が吹き荒れるなか消去法で当…

  7. 7

    歴史を反省せずに50年、習近平の文化大革命が始まった

  8. 8

    【動画】ドローンを使ったマグロの一本釣りが話題に

  9. 9

    全国の企業で遅れるエアコン点検義務への対応

    担当者も対象機種や具体的な実務を理解していない…

  10. 10

    オフィスエアコンの定期点検で省エネ・省コストを実現

    メンテナンスなしで使い続ければ消費電力は急増す…

  1. 1

    オバマ大統領の広島訪問が、直前まで発表できない理由

    ジョン・ケリー米国務長官は今月11日、G7外…

  2. 2

    安倍首相の真珠湾献花、ベストのタイミングはいつか?

    <オバマ米大統領の広島訪問に対応する形で、安倍…

  3. 3

    安田純平さん拘束と、政府の「国民を守る」責任

    シリアの反体制組織に拘束されていると見られるフリ…

  4. 4

    中国が文革の悪夢を葬り去れない理由

    今年で文化大革命が始まって50年だが、中国政府は…

  5. 5

    現実味を帯びてきた、大統領選「ヒラリー対トランプ」の最悪シナリオ

    共和党に2カ月遅れて、民主党もようやく今週1…

  6. 6

    「フジ子・ヘミング現象」の何が問題なのか?

    ピアニストのフジ子・ヘミング女史のリサイタル…

  7. 7

    パナマ文書問題、日本の資産家は本当に税金逃れをしているのか?

    〔ここに注目〕日本の企業活動、税法の特徴…

  8. 8

    共和党と民主党どこが違う

    米大統領選挙は共和党、民主党いずれも党大会を…

  9. 9

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  10. 10

    伊勢志摩サミット、日本文化の真髄として伊勢神宮の紹介を

    首相夫人の安倍昭恵氏が先月末に三重県を訪れ、…

  1. 1

    中国戦闘機2機が米機に異常接近、南シナ海上空で=米国防総省

    米国防総省は、南シナ海上空で17日、中国軍の…

  2. 2

    米テキサス州、地震急増の原因はシェール採掘か=研究

    米テキサス大学オースティン校の地質学者クリフ…

  3. 3

    パリ発のエジプト航空機が消息絶つ、海に墜落か 66人搭乗

    エジプト航空の乗員・乗客66人を乗せたパリ発…

  4. 4

    行儀悪い売り方やめた、「白物家電の二の舞い」懸念=スズキ会長

    スズキの鈴木修会長は10日に開いた決算会見で…

  5. 5

    米テスラ、株式発行などで2200億円調達へ 「モデル3」開発加速で

    米電気自動車(EV)メーカーのテスラ・モータ…

  6. 6

    訂正:三菱自、相川社長が6月引責辞任 益子会長は新体制発足まで続投

    三菱自動車は18日、相川哲郎社長と中尾龍吾副…

  7. 7

    訂正:三菱自の燃費不正は経営陣の圧力 国交省、スズキには再報告要請

    会見内容などを追加しました[東京 18日 ロイ…

  8. 8

    焦点:南シナ海仲裁裁判に台湾が横やり、裁定遅延の恐れも

    台湾の当局に近い団体が、南シナ海の領有権をめ…

  9. 9

    ECB追加措置の検討は秋に、必要なら新規買入可能=リトアニア中銀総裁

    リトアニア中央銀行のバシリアウスカス総裁は、…

  10. 10

    インタビュー:トランプ氏、核阻止へ金正恩氏との会談に前向き

    米大統領選で共和党候補指名を確実にしたドナル…

Newsweek特別試写会2016初夏「疑惑のチャンピオン」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

パックンが広島で考えたこと

辣椒(ラージャオ、王立銘)

中国が文革の悪夢を葬り去れない理由