最新記事

健康

運動のアンチエイジング効果は、細胞レベルで体を若返らせる

EXERCISE HAS ANTI-AGING BENEFITS AND MAKES YOU YEARS YOUNGER ON A CELLULAR LEVEL

2017年5月12日(金)15時15分
ハンナ・オズボーン

高いレベルの運動を継続すれば細胞を若返らすことができる jacoblund-iStock.

<ほどほどの運動では効果はない! 1日30~40分のランニングを続けることで、年齢より10歳下くらいまで細胞の若さを維持できることが明らかに>

「永遠の若さを保つ」という話ではないが、活発に運動することで老化の進行を遅らせ、実年齢より10歳下程度の若さを保つことができることが、科学的に明らかになった。アメリカで5000人以上の成人を調査した研究で、日常的に運動をする人は、ほとんど動かない人や、やや活動的に過ごしている人たちと比較して、細胞レベルで若いことがわかった。

アメリカの月刊誌「予防医学」の4月号に掲載されたこの研究は、米保健福祉省の公的機関が実施した健康と栄養に関する調査に1999年から2002年にかけて参加した、5823人の健康データを精査した。参加者は年齢、性別等の統計情報に加えて、どれくらいの頻度で運動するか、といったライフスタイルについて回答している。

この研究では、参加者のテロメア(細胞の老化の程度を示す、染色体の末端部位)も観察している。テロメアは染色体の末端部を保護する役割があって、ちょうど靴ひもがほつれないように付いているプラスチックの筒のようなもの。細胞が分裂するごとにテロメアは短くなり、最終的に染色体を保護できなくなるため、細胞は老いて死ぬ。これが老化だ。テロメアの短縮は、癌や脳卒中、心臓血管の病気など老化に伴う様々な病気に繋がる。

【参考記事】マラソンでランナーの腎臓が壊される

研究でブリガム・ヤング大学のラリー・タッカー教授(運動科学)は、テロメアの長さと身体活動のレベルを比較した。その結果、日常的に活発な運動をする人とそうでない人との間に、著しい違いが生じていることがわかった。

「年齢が40歳だから、生物的にも40歳ということではない」とタッカーは声明で述べている。「実年齢より若く見える人たちがいることは誰でも知っている。身体的に活動的な人は、生物的な老化も抑制される」

タッカーによると、高レベルの身体活動を行っている人は、ほとんど動かない人より9歳、「実年齢と比較した若さ」があった。やや活動的な人と比較しても、7歳は「若かった」。ここで言う高レベルの身体活動とは、一日に30~40分のランニングを、少なくとも週5日は行うことと定義している。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏「北朝鮮は大きな問題」、安倍氏と制裁強化

ビジネス

米GDP第1四半期1.2%増に上方改定、弱含み一時

ワールド

対北朝鮮制裁強化へ、安倍・トランプ両氏が一致=ホワ

ワールド

欧州委員長、トランプ氏が独通商政策を批判との報道を

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルーマニアなどの小国と

  • 2

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札とは...?

  • 3

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 4

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

  • 5

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 6

    レイプ事件を届け出る日本の被害者は氷山の一角

  • 7

    ヨーロッパを遠ざけロシアを引き寄せたトランプのNAT…

  • 8

    フィリピン南部に戒厳令  ドゥテルテ大統領が挑む過…

  • 9

    ネガティブになりがちな内向型人間にも、10の強みが…

  • 10

    悲しみのアリアナは里帰り ロンドン公演中止で業界…

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 3

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 4

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 5

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられ…

  • 6

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の…

  • 7

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 8

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 9

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 10

    米政府からまたリーク、マンチェスター自爆テロ容疑…

  • 1

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 2

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 3

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 4

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 5

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 6

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 7

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 8

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 9

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
ニューズウィーク試写会「しあわせな人生の選択」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月